爬虫類ハンター加藤が“悪魔のトカゲ”ハントに挑む! 農業界の風雲児・梶谷譲への密着も『クレイジージャーニー』SP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「クレイジージャーニー」梶谷譲
画像を拡大して見る

松本人志、設楽統、小池栄子のMCのもと、独自の目線や強いこだわりを持って世界を巡る人々の常人離れした体験談や旅の様子のVTRを紹介する、伝聞型紀行バラエティ「クレイジージャーニー」。2019年8月14日(水)放送のゴールデンスペシャル[TBS系 21:00〜22:57]では、6大クレイジーカルチャー、爬虫類ハンター・加藤英明、農業界の風雲児・梶谷譲を取り上げる。

●世界で発見!本当にあった6大クレイジーカルチャー!

これまでの178回の放送で 65カ所の国と地域を訪れた同番組。その中から、MC陣や視聴者の度肝を抜いた「島まるごとスラム(丸山ゴンザレス/ケニア・ミギンゴ島)」「死体を掘り起こす儀式(佐藤健寿/マダガスカル)」「過密刑務所(丸山ゴンザレス/フィリピン)」「セクシーダンス(佐藤健寿/台湾)」「太らせ祭り(千葉岳穂/エチオピア)」「入れ墨祭り(吉田悠軌/タイ)」といった映像を紹介する。

●爬虫類ハンター・加藤英明 vs“悪魔のトカゲ”

今やクレイジージャーニーの子ども人気No.1の呼び声も高い爬虫類ハンターの加藤が、独特な環境がもたらす神秘の生態を求めてメキシコを訪れ、“森に潜む悪魔のトカゲ”のハントに挑む。躍動する加藤、そして、2020年には絶滅してしまうかもしれない“絶滅間近の激レア生物”にも注目したい。

●独自の視点で新風を巻き起こす農業界の風雲児・梶谷譲

国内150軒以上のレストランと契約し、契約待ちレストランは300軒以上、フランスの三つ星シェフも惚れこみ、海外投資家が「農園ごと買いたい」と頼みに来るという、日本を代表するハーブ職人・梶谷譲。彼の広島でのハーブ作りに密着し、農業を始めて2年で三ツ星レストランと取引する“梶谷式農業”の全貌、常識破りのスタイルに迫る。

さらに、デンマーク・コペンハーゲンにある、予約5000人待ちという“世界一予約の取れないレストラン”へ。常識を超越した驚きの料理の数々が姿を現す!

【MC】松本人志(ダウンタウン)、設楽統(バナナマン)、小池栄子
【クレイジージャーニー[50音順]】加藤英明、梶谷譲

■クレイジージャーニー|TBSテレビ

https://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP