特別展『恐竜博2019』国立科学博物館で開幕、“謎の恐竜”など大迫力の展示に興奮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

特別展『恐竜博2019』国立科学博物館で開幕、“謎の恐竜”など大迫力の展示に興奮
画像を拡大して見る

国立科学博物館(東京・上野公園)で2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)まで、『特別展「恐竜博2019」』が開催される。

その開催に先立ち、7月12日に実施された報道内覧会に、同展の音声ガイドに出演し、プロデュ―スも手がけた放送作家の鈴木おさむが特別ゲストとして登場し、本展の見どころや恐竜にまつわる家族のエピソードを話した。

本展の目玉展示の一つである、モンゴル・ゴビ砂漠で発見され、長い間“謎の恐竜”といわれてきた「デイノケイルス」の全身復元骨格の前に立った鈴木氏は、「この大きな手を見て圧倒されました。“謎の恐竜”といわれただけあって、迫力がありますね」とコメント。初出演とともに初めてプロデュースした音声ガイドについては、「テレビの情報番組で使われているような手法で、先に答えを言ってから解説しています。より分かりやすく、より伝わりやすく、そして恐竜マニアの人にも満足いただけるよう、構成から考えました」と話した。

また、北海道むかわ町で発見された全長8メートルの恐竜「むかわ竜」については、「実際に見ると大きくて、ワクワクしました。『むかわ竜』は北海道で発見された日本産の恐竜。日本でこれだけのものが発見されたということは、これから日本でもっと恐竜が発見されるかもしれない。僕ら大人にもすごくロマンをくれますね」と話した。

『特別展「恐竜博2019」』は、7月13日(土)~10月14日(月・祝)、3か月にわたって国立科学博物館で開催される。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP