伊藤かな恵、劇団東京都鈴木区の“最も泣ける”と話題の人気作「ラストオーダー90分」に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神保町花月・よしもと/劇団東京都鈴木区/声優・伊藤かな恵コラボレート公演決定! (1)
画像を拡大して見る

劇団東京都鈴木区の人気作品「ラストオーダー90分」が、よしもと神保町花月とのコラボで公演決定!

神保町花月は、今年2019年から演劇界をにぎわす脚本家や演出家たちと、コラボレートした作品を上演する新シリーズを展開中。本作はその一環として、11月に上演されます。2016年夏・池袋・シアターKASSAIで上演された9公演、ほぼ満席・好評の内に終了した「ラストオーダー90分」。劇団東京都鈴木区作品の中でも最も泣けると話題の人気作が、よしもと・神保町花月とのコラボで、公演決定!!

よしもと神保町花月からは、2019年2月本公演ONEOR8とのコラボ「莫逆の犬」でヒロインを演じた大谷麻乃が、今回、主演で出演。綾野アリス、俵山俊、村田翔平、宮澤竹美、まるいるい と、演技に定評のあるメンバーが出演します。
劇団東京都鈴木区からは、初演で死神という役どころを見事に演じ切った戸田早奈美、山口征秀、宝田直人、橘実咲季、本田一誓が出演する他、劇団東京都鈴木区作品に多く参加している山口キヨヒロ、映画「小さな恋の物語」「フレフレ少女」などに出演の黒岩拓朗(俳協/MacGuffins)も参加する。そして今回、声優界から伊藤かな恵(青二プロダクション)の出演も決定。伊藤は「宝石の国」「おそ松さん」など話題作に出演し、歌手としても活躍している。よしもと、劇団東京都鈴木区、伊藤かな恵の化学反応をお楽しみに…!

本作は劇団東京都鈴木区の主催、鈴木智晴が本作の脚本・演出を務める。鈴木智晴は1999年に安倍公房 作の『友達』で主演、初舞台。喜劇から不条理劇まで広く演劇論を学ぶ。2009年に自身の演劇ユニット「劇団東京都鈴木区」を結成後、脚本と演出を手がけるようになる。近年では、声優の寺島拓篤・佐藤聡美をダブル主演とした舞台『Tune!〜ラジオな二人〜』や、2.5次元舞台『乱歩奇譚』『やがて君なる』が話題に。現在はナレーターとしての活動も並行し、数多くのCMナレーションを担当している。

【タイトル】ラストオーダー90分
【会場】神保町花月(東京都千代田区神田神保町1-23 神保町シアタービル2階)
【日程】日程:11月1日(金)〜11月4日(月)
【脚本・演出】鈴木智晴(劇団東京都鈴木区)
【キャスト】大谷麻乃、戸田早奈美(劇団東京都鈴木区)、綾野アリス、本田一誓(劇団東京都鈴木区)、
イチキップリン、黒岩拓朗(俳協/MacGuffins)、伊藤かな恵(青二プロダクション)、宝田直人(劇団東京都鈴木区)、村田翔平、橘実咲季(劇団東京都鈴木区)、山口キヨヒロ、宮澤竹美、俵山俊(スクールゾーン)、まるいるい、山口征秀(劇団東京都鈴木区)、長治佳子(劇団東京都鈴木区)
【劇団東京都鈴木区】
公式サイト http://suzuki-ku.com
公式ツイッター https://twitter.com/suzukiku_jp
【神保町花月】
公式サイト https://www.yoshimoto.co.jp/jimbocho/
公式ツイッター https://twitter.com/jimbochokagetsu

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP