えっ!こんな色の野鳥がいるの?!野鳥を身近に感じる「ぬりえ本」バードウィーク(愛鳥週間)に発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えっ!こんな色の野鳥がいるの?!野鳥を身近に感じる「ぬりえ本」バードウィーク(愛鳥週間5月10日~16日)に発売 (1)
画像を拡大して見る

「ぬりえでバードウォッチング〜日本野鳥の会が作りたかったぬりえ〜」

公益財団法人日本野鳥の会は、身近な場所で見ることができる野鳥を掲載した書籍「ぬりえでバードウォッチング〜日本野鳥の会が作りたかったぬりえ〜」を2019年のバードウィーク(愛鳥週間)に発行します。

 野鳥は、身近に見ることができる野生生物です。日本ではおよそ700種類もの野鳥が生息しており、ちょっとした公園に行けば、スズメやハト、カラス以外にも、さまざまな野鳥を見ることができます。その中には青や赤、黄色等、思いがけない色や模様をした野鳥もいます。

 このたび、日本野鳥の会では、身近に見ることができる野鳥を集めたぬりえ本「ぬりえでバードウォッチング」を発行いたします。ぬりえを通して、身近な野鳥をより多くの方に知っていただきたいと考えています。

 この本の著者は、数々の野鳥図鑑制作に関わり、1冊の野鳥図鑑を1人で描ける数少ない野鳥図鑑画家の谷口高司氏。ぬり見本だけではなく、線画も著者による直筆で、正確さとぬりやすさを考えたつくりになっています。

■ぬりえの内容

●11シートのぬりえを収録。ぬり見本も付いています
●鳥の掲載種数は51種
●ぬりえシートはミシン目で切り離し可能
●1種の鳥が描かれたもの、または10種以上がにぎやかに描かれたものなど、変化に富んだシートを用意
●その季節に見られる野鳥や、北海道で見られる野鳥、世界で見られる野鳥等、テーマもさまざま
●読者カードを送れば、スペシャルシートがもらえるプレゼント企画あり

■書籍データ


「ぬりえでバードウォッチング〜日本野鳥の会が作りたかったぬりえ〜」
著/谷口高司(野鳥図鑑画家)
判型/A4変形/ソフトカバー/40ページ
価格/1,200円+税
発行/公益財団法人日本野鳥の会
発売日/5月10日予定(*地域によっては遅れる場合があります)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP