大道芸のすぐ横で、龍二の歌は勝てるのか? 深川麻衣主演『日本ボロ宿紀行』第9話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第9話 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
画像を拡大して見る

深川麻衣主演、テレビ東京系列ドラマ『日本ボロ宿紀行』。3月22日(金)深夜0時52分に放送される第9話は、秩父の山奥に佇むゲストハウスが舞台。龍二の追っかけ・明美(鶴田真由)が再び登場する!

日本はまだまだ廃れている

高層ビルに大量家電店、どこに行っても同じ駅前の風景が広がる現代日本。しかし、まだまだそんな画一化の波から逃れた、味な「廃れた」スペースが、ここ日本には存在している。このドラマでは、そんなとても21世紀に存在しているとは思われないような「ボロ宿」を舞台に物語は展開する。

父・篠宮一平(平田満)の急死により芸能事務所の社長を引き継いだ篠宮春子(深川麻衣)は、唯一の所属歌手・桜庭龍二(高橋和也)と営業の旅をしている。

またしても、過酷な環境で…

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第9話 場面1 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

今日の営業は、秩父の山奥の道の駅。春子が取ってきた仕事だが、蓋を開けてみれば、大道芸が行われている、そのすぐ隣で歌わなければならない。案の定、客の視線は、歌はそっちのけで大道芸に向いてしまう。久しぶりに現れた龍二の追っかけ・明美が懸命に盛り上げたとしても、龍二の不満はごまかしきれない。龍二は「状況が改善されねえなら、明日は歌わねえ!」と、啖呵を切るが…。

ゲストハウスでは、ほっこりと

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第9話 場面2 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第9話 場面3 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

そんな不満を募らせていた龍二だが、営業の帰り道、春子はその絶妙な嗅覚で、またしてもナイスなボロ宿を発見する。今回の宿は、ゲストハウス。泊まるスペースは区別されていても、食べるところは共用。そこに人の交流が始まる。お互いに自己紹介すれば、自然と和やかなムードが漂ってくる。

ピンチを救うのはお前だ

そんな中、春子は、よんどころない事情でピンチに見舞われる。歌わない、と心に決めている龍二に、「人生最大のピンチを救っていただけませんか?」と懇願する春子だったが…。

第9話は、3月22日深夜0時52分放送

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第9話 場面4 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

秩父の山奥の営業で、大道芸に翻弄されながらも奮闘する深川麻衣主演『日本ボロ宿紀行』第9話は、テレビ東京系列で3月22日深夜0時52分放送。お楽しみに。

ドラマ25『日本ボロ宿紀行』公式サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/boroyado/

星の宵

シングル

テレビ東京系ドラマ「ボロ宿紀行」主題歌


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP