芸歴70年の“銀幕スター”有馬稲子が混乱のパリで恐怖体験!? 王貞治、長嶋茂雄らとのエピソードも 『徹子の部屋』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『徹子の部屋』 〈ゲスト〉有馬稲子 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

黒柳徹子が司会を務める「徹子の部屋」の2019年3月8日(金)放送分[テレビ朝日系 12:00〜12:30]に、芸歴70年を迎えた“銀幕のスター”有馬稲子が登場。パリへ行った話、独り暮らしなどについてトークを繰り広げる。

86歳になった今でも美貌とパワーを維持し続けている有馬。昨年末にはデモで混乱中のパリを訪れ、宿泊したホテルのガラスにヒビが入るなど、恐ろしい思いをしたという。さらに、60年代にパリを訪れた際、王貞治、長嶋茂雄らプロ野球のスター軍団と一緒に買い物をした秘話も明かす。その時の買い物は、女性物の下着だったとか…。

有馬は現在、12年前に移り住んだ“終の棲家”であるケア付きマンションで独り暮らしをしているが、お正月には希望をすればお節料理も食べられるそう。また、体調を崩した時などは、ボタンを押せば看護師がいつでも来てくれるので安心だという。

■徹子の部屋|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP