日本が世界に誇る美術品の修復技術に鈴木福くんもビックリ!ニッポンの摩訶不思議な絵画修復技法「二代目 和風総本家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14歳 鈴木福もビックリ!ニッポンの摩訶不思議な絵画修復技法 (1)
画像を拡大して見る

【二代目 和風総本家】毎週木曜日よる9時からテレビ東京系列で放送中。「日本っていいな。」をテーマに、日本の素晴らしさを視聴者に、そして次世代へ伝えていくバラエティ番組。

2月21日(木)19:58〜21:48 「二代目 和風総本家スペシャル〜来たぜニッポン!職人修学旅行〜」

日本が世界に誇る美術品の修復技術に出演者仰天!?

今回の特集は「来たぜニッポン!職人修学旅行」。イタリアで書物や絵画、壁画など美術品の修復を学ぶ専門学校の先生・生徒が来日し、日本の美術修復技術を学ぶ。

今回訪れたのは25人の職人を抱え、「古今和歌集」など数々の貴重な美術品の修復を手掛ける京都でも屈指の修復工房「大入」。

そんな彼らの修復技法とは…無数に虫食いの穴がある古文書や絵画を特殊な技法を駆使して復活させる。
しかも技は1つではない。数々の工程に意味のある技法が散りばめられている。

これにはスタジオゲストのモト冬樹さん、黒谷友香さんはもちろん、14歳の鈴木福くんもびっくり。

果たしてイタリアから来た学生たちは何を学ぶのか。

さらに今回は新企画が登場!その名も「クイズ!なぜ こんな所に職人さん?」。
上空からの目線で「なぜこんな所で?」と思う変わった場所で作業する職人たちに迫る!

まずは岡山の山間に全長10kmの謎の洞窟に職人たちが…実は私達が普段お世話になっているモノを作る職人さんですが彼らは一体どんな職人たち?

そして北海道の雪の積もった建物の屋上には…

何やら雪の中に鮭を埋める職人さんが、一体何を作っている?
さらには特殊高所作業人とも言うべき謎の“橋の裏側に潜む職人たち”にも迫る。

おなじみの「ニッポンを見抜こう!」コーナーもお楽しみに!

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全16枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP