藤原竜也×蜷川実花『Diner ダイナー』特報映像など解禁、共演には窪田正孝・本郷奏多・武田真治・斎藤工ら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『Diner ダイナー』藤原竜也(ボンベロ 役) (c)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
画像を拡大して見る

主演:藤原竜也×監督:蜷川実花の初タッグで贈る映画『Diner ダイナー』の公開日が2019年7月5日(金)に決定し、初の本編映像となる特報と、蜷川が撮ったボンべロのビジュアルが解禁。さらに、藤原に続くキャストとして、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二が発表された。

今作は、これまで一癖も二癖もある刺激的なキャラクターを演じてきた藤原竜也(『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』など)と、写真家で映画監督の蜷川実花(『さくらん』『ヘルタースケルター』)が、映像化不可能と言われた平山夢明著「ダイナー」(ポプラ社「ポプラ文庫」)に挑む“未体験サスペンス”。主演の藤原は、元殺し屋で天才シェフのボンベロを演じる。

今回解禁となったビジュアルでは、血まみれの姿に加え、どこか不敵なオーラも放つ、藤原が扮したボンベロの姿を見ることができる。『バトル・ロワイアル』シリーズや『るろうに剣心』シリーズで特異な殺人鬼を演じた藤原も、この強烈なキャラクターを演じるには戸惑いがあったそう。しかし、クランクアップの際には「何でもありなキャラクター。僕としてはすごく気持ちのいいキャラクターに仕上がった」と自信をうかがわせていたとのこと。

本編初解禁となる特報映像の方は、藤原演じるボンベロの「俺は、ここの“王”だ!」という衝撃的なセリフからスタート。監督の蜷川による色彩美溢れるダイナー(食堂)の一部、ナイフを手にした不気味な存在感のボンベロ、そして、共演陣の顔ぶれが明らかになっている。今回発表された共演陣は全員、ダイナーに集う強烈な“殺し屋”を演じるという。一体どのような役柄で出演し、どのようなビジュアルになるのか?

また、ヒロインともいえる役柄の“オオバカナコ”に関しても、謎に包まれたまま…。男性主人公作品の中で、蜷川はどのようなミューズを誕生させるのか? 気になる人は続報のチェックをお忘れなく。

映画『Diner ダイナー』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい

■映画『Diner ダイナー』特報【HD】2019年7月5日(金)公開

■映画『Diner ダイナー』

7月5日(金) 食うか、消されるか。

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸
配給:ワーナー・ブラザース映画

<ストーリー>
一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウェイトレスとして売られてしまう。そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な 美を放つ<ダイナー(食堂)>。店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」
次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは何者なのか? 物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していく…

公式サイト⇒diner-movie.jp

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP