『満島ひかり×江戸川乱歩』最新シリーズにハライチ・岩井勇気&宮藤官九郎&高良健吾ら出演、“ある人物”登場も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『満島ひかり×江戸川乱歩』人でなしの恋4 (c)NHK
画像を拡大して見る

女優・満島ひかりを軸に、初期の江戸川乱歩の傑作短編を“ほぼ原作に忠実に映像化”するシリーズ『満島ひかり×江戸川乱歩』が、2018年12月30日(日)よる23:30より放送される。

エロスと幻想が交錯する独特の作風で、“日本ミステリーの父”とよばれる江戸川乱歩。初期の傑作短編から「お勢登場」「算盤が恋を語る話」「人でなしの恋」を、気鋭のクリエイターたちが手掛けた本シリーズ。妖艶な悪女、地味な事務員、嫉妬に狂う若妻まで、三作三様のヒロインを満島が演じる。

■「お勢登場」演出・佐藤佐吉

資産家の夫(宮藤官九郎)が病弱なのをよいことに、不倫の恋に溺れる妖艶な人妻・お勢(満島ひかり)。罪悪感におののきながらも、ある日偶発的な出来事に乗じて、夫殺しの完全犯罪に成功する。悲しみに暮れる妻を演じ、まんまと周囲を欺くお勢。そこに夫が残したダイイングメッセージが見つかり…。発表当時、「実に身に迫る恐ろしさ」と大評判になった傑作。

■「算盤が恋を語る話」演出・森ガキ侑大

同僚のS子(満島ひかり)に懸想している内気な青年T(ハライチ:岩井勇気)。何とかして思いを伝えようと、算盤を使った暗号を思いつく。毎朝S子より先に出勤し、机に置いた算盤の玉を使ってメッセージを送り続けたある日、S子から返信が…。はたしてTの不器用な恋は成就するのか。乱歩には珍しく、少々可愛らしい恋物語。ハライチの岩井が演技初挑戦で応える。

■「人でなしの恋」演出・渋江修平

望まれて旧家に嫁いだ若妻・京子(満島ひかり)。美貌の夫(高良健吾)は優しく、幸福の絶頂にあるかに思われたが、ある日夫が浮気をしているのでは、という疑念を抱く。深夜密かに寝室を抜け出していく夫の後をつけた京子は、夫が土蔵の二階で女と逢い引きしていることを知ってしまう。はたして、その女の正体とは?嫉妬にかられた京子に訪れる、悲劇的な結末とは…。

満島自身が「ライフワークにしたい」というほど入れ込むこのシリーズ。3人のヒロインを演じるだけでなく、「お勢登場」の劇中歌や「人でなしの恋」の朗読も担当するほか、3作品をつなぐ「幕間」を自身で演出するなど、多才ぶりを発揮している。さらに声の出演で、満島を誰よりもよく知る“ある人物”が登場。作品の世界観を盛り上げる、独創的な衣装や美術にも注目だ。

この『満島ひかり×江戸川乱歩』は2018年12月30日(日)23:30〜24:59、NHK BSプレミアムにて放送される。

■番組公式サイト

http://www4.nhk.or.jp/P3860/

(C)NHK

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全9枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP