帝劇『エリザベート』2019年6~8月上演決定、タイトルロールは花總まり/愛希れいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

帝劇『エリザベート』2019年6~8月上演決定、タイトルロールは花總まり/愛希れいか
画像を拡大して見る

 ミュージカル『エリザベート』(製作:東宝株式会社)が新キャストを迎え、東京・日比谷の帝国劇場で2019年6月7日(金)~8月26日(月)に3ヵ月連続上演されることが明らかとなった。

東宝版としては3年ぶりの上演となる。

2019年の同公演の主要キャストとして、オーストリア皇后エリザベート役に花總まり愛希れいか(Wキャスト)、黄泉の帝王トート役に井上芳雄古川雄大(Wキャスト)、皇后暗殺者ルイジ・ルキーニ役に山崎育三郎成河(Wキャスト)、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役に田代万里生平方元基(Wキャスト)、オーストリア皇太子ルドルフ役に京本大我(SixTONES)/三浦涼介木村達成(トリプルキャスト)、ルドヴィカ/マダム・ヴォルフ役に未来優希、皇太后ゾフィー役に剣 幸涼風真世香寿たつき(トリプルキャスト)が発表された。

2018年8月~11月に宝塚歌劇団月組公演『エリザベート -愛と死の輪舞-』でエリザベート役を演じて宝塚歌劇団を退団した愛希れいかは、2019年6月からの東宝版での同役で退団後の記念すべき初舞台を飾ることとなった。また今回の初役として、トート役の古川雄大(2012・2015・2016年ルドルフ役)、フランツ役の平方元基(2012年ルドルフ役)、ルドルフ役の三浦涼介と木村達成も新たに注目されるところだ。

『エリザベート』は、ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと黄泉の帝王“トート=死”の禁じられた愛を描いたミュージカル。1992年オーストリアはアン・デア・ウィーン劇場での初演以来、今日まで世界中で演じられ(2018年12月現在は隣国韓国で上演中)、日本では1996年宝塚歌劇団雪組による宝塚版の上演を皮切りに、帝国劇場での東宝版も2000年以来繰り返し上演され、観客を魅了し続けてきた。脚本/作詞はミヒャエル・クンツェ、音楽/編曲はシルヴェスター・リーヴァイ。演出/訳詞は小池修一郎。

なお、イープラスは、今回の公演期間中に8回の貸切公演を実施する。詳細は後日改めて発表される。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP