マツコ&有吉が思う“会社員にとってのテッペン”とは? 狩野英孝が過酷な滝行で成長!? 『かりそめ天国』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツコ&有吉が思う“会社員にとってのテッペン”とは? 狩野英孝が過酷な滝行で成長!? 『かりそめ天国』
画像を拡大して見る

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた意見、視聴者の欲望を叶えるVTR、有識者から届けられた業界ニュースなどをもとに、好き勝手にトークを展開していく「マツコ&有吉 かりそめ天国」。2018年12月19日(水)放送分[テレビ朝日系 23:20〜24:20]では、“地元の人が行く美味しいお店”に関する意見などを取り上げ、VTRには浜口京子、狩野英孝、小宮浩信(三四郎)が登場する。

県外から遊びに来る友達から「地元の人が行く美味しいお店教えて」と言われ、答えに困るという意見が届く。広島出身の有吉も「美味しいお好み焼きのお店教えて」と言われることが多いそう。そんな時、有吉は何と答えているのか? 一方、マツコは千葉の良いところをアピールしたいと訴えるが…。「社会に出た人はみな上を目指しているのか?」という疑問では、マツコと有吉が“会社員にとってのテッペンとは一体どこなのか”を想像し、二人が“この仕事を始めた時にどこを目指していたのか”を回想する。

●浜口京子が都内にある外国人街の名店を訪問

神楽坂のフランス料理店の絶品牛肉赤ワイン煮込み、新大久保のネパール料理店のワンプレートディッシュ、高田馬場のミャンマー料理店の麺料理など、各国の名物料理を浜口が堪能。VTRを観たマツコたちも思わず「美味しそう!」と声を上げる。

●狩野英孝が“関東で打たれるべき3つの滝”を一日で回る

実家では神主も務める狩野が、栃木県塩谷町、東京都檜原村、神奈川県南足柄市で滝行に励む。水温が10℃を切る極寒の中で壮絶な修行を繰り返す狩野。芸人としての顔を忘れて修行を積むうち、ある成長を遂げて…?

●三四郎・小宮が“華やかな仕事をしている人々”を調査

モデル、美容師、イベントコンパニオンなど、華やかに見える仕事をしている人々は、一体どんなところに住み、どんな生活をしているのか、小宮が調査する。

【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)

■12月19日(水) マツコ&有吉 かりそめ天国

■マツコ&有吉 かりそめ天国|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/matsuari/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP