「大迫半端ないって」が“流行語部門賞”受賞!「Yahoo!検索大賞2018」より先行発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民が選んだ賞 「Yahoo!検索大賞2018」の中から先行発表!「大迫半端ないって」が、「流行語部門賞」受賞! (1)
画像を拡大して見る

特別企画として、「Yahoo!検索トレンドマップ2018」お笑い芸人篇、アイドル篇、ミュージシャン篇、トレンドワード篇(Instagram/Twitter関心者ベース)を発表!/ ジソンシンさん(お笑い芸人)、KissBeeさん(アイドル)、世武裕子さん(ミュージシャン)を「ネクストブレイク」として選出! ヤフー株式会社は、2018年に前年と比べ検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などを発表・表彰する「Yahoo!検索大賞2018」のうち、「流行語部門賞」を先行発表しました。

「流行語部門賞」には、第87回全国高校サッカー選手権で、大迫勇也選手のプレーに対して対戦相手の主将が発した言葉に由来し、6月のロシアW杯コロンビア戦で大迫選手が決勝ゴールを決めたことで再び注目を集めた「大迫半端ないって」が受賞しました。
 さらに今回、特別企画として、検索データの集積体から、現在のトレンドや今後の傾向が見えてくる「Yahoo!検索トレンドマップ2018」お笑い芸人篇、アイドル篇、ミュージシャン篇、トレンドワード篇(Instagram関心者ベース/Twitter関心者ベース)を発表しました。また、お笑い芸人篇、アイドル篇、ミュージシャン篇の分析結果から、「ジソンシン」(お笑い芸人)、「KissBee」(アイドル)、「世武裕子」(ミュージシャン)の3組を、2019年のブレイクが期待される「ネクストブレイク」として選出しました。

「Yahoo!検索大賞」公式サイト:https://searchaward.yahoo.co.jp/

■「Yahoo!検索大賞2018」 ※先行発表
“流行語部門賞” 大迫半端ないって


<急上昇理由>
第87回全国高校サッカー選手権で、大迫勇也選手のプレーに対して対戦相手の主将が発した言葉が由来。6月のロシアW杯コロンビア戦で大迫選手が決勝ゴールを決めたことで、「半端ない」のフレーズが拡散され再び注目を集めました。


<一緒に検索されたワード>
Tシャツ・中西 現在・動画・全文・CM・画像・元ネタ・商標登録・トラップ・監督 など

■「Yahoo!検索大賞」について
 「Yahoo!検索大賞」は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年と比べその年に検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などを選出し、表彰するイベントです。選出基準となる「検索」は、興味・関心を持つ対象について調べる能動的な行為で、日本人の意思が反映されたデータといえます。Yahoo! JAPANは、この検索データを活用することで、まさに国民が選んだともいえる賞として、2014年に「Yahoo!検索大賞」を創設し、毎年イベントを実施しています。
 「Yahoo!検索大賞2018」では、2018年1月1日(月)〜2018年11月1日(木)までの集計データをもとに、“今年の顔”として検索数が最も急上昇した人物に贈る“大賞”に加え、「パーソンカテゴリー(10部門)」「カルチャーカテゴリー(6部門)」「プロダクトカテゴリー(7部門)」「ローカルカテゴリー(47部門)」において、人物、作品、製品などを12月5日(水)に表彰します。
 Yahoo! JAPANでは、「Yahoo!検索大賞」を通じ、日本中のみなさまとこの一年の出来事を振り返るとともに、年末の風物詩となっていくことを目指してまいります。

<「Yahoo!検索トレンドマップ2018」について>
■名称: 「Yahoo!検索トレンドマップ2018」
■概要: 横軸を「検索数」、縦軸を直近の検索数推移を元とした「トレンド指数(※)」とし、キーワードごとにマッピングしたものです。このマップにより、検索データの集積体から現在のトレンドや今後の傾向が見えてくるのではないかと考えています。
※「トレンド指数」……直近3ヶ月のデータに比重を置き、2018年の1日ごとの検索数推移をスコア化したもの。
■集計期間:2018年1月1日(月)〜2018年11月1日(木)
■掲載サイトURL: https://searchaward.yahoo.co.jp/2018/trendmap/

【ネクストブレイクエリア】
検索数はまだ少ないが上昇率が高く、これからブレイクするであろう注目エリア

【ブレイクエリア】
検索数も上昇率も高い、今ブレイクしているエリア

【ポピュラーエリア】
検索数が安定して多く、人々の興味関心が高いと思われるエリア

【ポテンシャルエリア】
検索数はまだ少ないが、感度の高い人々が反映していると思われるエリア

<「Yahoo!検索トレンドマップ2018」お笑い芸人篇、アイドル篇、ミュージシャン篇>
■概要:ヤフーで検索されている人物を、お笑い芸人/アイドル/ミュージシャンのカテゴリーごとに抽出。その中で、デビュー15年以内の人物・コンビ・グループを中心にリストアップし、「検索数」と「トレンド指数」によりマッピングしたものです。

■Yahoo!検索トレンドマップ2018 お笑い芸人篇 ※主にデビューから15年以内のお笑い芸人を対象としています。

■Yahoo!検索トレンドマップ2018 アイドル篇 ※主にデビューから15年以内のアイドルを対象としています。


■Yahoo!検索トレンドマップ2018 ミュージシャン篇 ※主にデビューから15年以内のミュージシャンを対象としています。

<「Yahoo!検索トレンドマップ2018」 トレンドワード篇(Instagram関心者ベース/Twitter関心者ベース)>
■概要:「Instagram+ログイン」等、各サービス名にまつわる検索をしているユーザーをInstagram関心者、Twitter関心者と仮定し、それぞれのサービス関心者がヤフーで検索しているキーワードを、「検索数」と「トレンド指数」によりマッピングしたものです。

■「Yahoo!検索トレンドマップ2018 トレンドワード篇(Instagram関心者ベース)」
※Yahoo!検索で「Insragram ログイン」等で検索しているユーザーの検索キーワードを抽出しています。

■「検索トレンドマップ2018 トレンドワード篇(Instagram関心者ベース/Twitter関心者ベース)」
※Yahoo!検索で「Twitter ログイン」等で検索しているユーザーの検索キーワードを抽出しています。


<ネクストブレイク>
■概要:「Yahoo!検索トレンドマップ2018」お笑い芸人篇、アイドル篇、ミュージシャン篇の分析結果から、「ジソンシン」(お笑い芸人)、「KissBee」(アイドル)、「世武裕子」(ミュージシャン)の3組を、2019年のブレイクが期待される「ネクストブレイク」として選出しました。

ジソンシン(お笑い芸人)
2013年に結成された酒井孝太と下村啓太によるお笑いコンビ。大阪を中心に活動中。

<上昇理由>10月に放送されたテレビ番組「漫才・コント・音ネタトーナメント ウケタモンガチ!グランドチャンピオンシップ」にラスト枠争奪戦の勝者として参戦したことで検索数が急上昇しました。

<一緒に検索されたワード>芸人・酒井・下村・ツイッター・コント・仲良し など

KissBee(アイドル)
日々のアイドルとしてのライブ活動と並行して、毎日の動画投稿を続ける本格的YouTuberアイドル。かつては『本能寺の変を踊ってみた』『ポッキーダンスを踊ってみた』などで話題を集めたKissBeeが、満を持してYouTuberの世界に参戦。2017 年秋、『URA-KiSS(うらきす)』というチャンネル名でYouTubeチャンネルを開設すると、わずか一年余りで総再生数5000万回を突破し、チャンネル登録者も20万人に届く勢いで急拡大。先日結成4周年を迎えた平均齢18歳の8人組の彼女たちは、アイドルとしてもリリースのたびにオリコン上位常連となり、ZEPP TOKYO、赤坂BLITZでのワンマンライブも成功させた実績も。YouTuberとしての勢いに乗り、来年は本格的なブレイクを狙う。

<上昇理由>2014年に結成されたアイドルグループ。2ndアルバム発売、YouTube番組配信、新メンバー加入などが話題に。関西圏在住メンバーKissBeeWESTや、研究生ユニットKissBeeYouthも調べられています。

<一緒に検索されたワード>メンバー・KissBeeWEST・KissBeeYouth・イベント・裏kissbee・新体制・imaginism・歌詞 など

世武裕子(ミュージシャン)
葛飾生まれ、滋賀育ち。シンガーソングライター、映画音楽作曲家。Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽学科を首席で卒業。帰国後、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける傍ら、シンガーソングライターとしても活動を開始する。シンガーソングライターs●buhiroko 名義では第一作「WONDERLAND」に続き、ダーク、踊れる、プログレッシヴ、ミニマルミュージックをテーマにより色濃い世界を描く第二作「L/GB」を発表。『リバーズ・エッジ』『ママレード・ボーイ』『羊と鋼の森』劇場版アニメ『君の膵臓をたべたい』をはじめ、10月公開『日日是好日』11月公開『生きてるだけで、愛。』など2018年公開映画の音楽も数多く担当している。10月24日には、シンガーソングライターとしてのアルバム『Raw Scaramanga』(ロー スカラマンガ)を発表。ピアノ演奏・キーボーディストとして西野カナ、森山直太朗、Mr.Childrenのレコーディングやライブなどにも参加するなど、幅広い活動で注目を集めている。

<上昇理由>今年デビュー10周年を迎えた、映画音楽作曲家兼シンガーソングライター。9月に自身のTwitterで、Mr.Childrenのツアーに参加することを発表して検索数が急上昇。また、10月のニューアルバム発売も注目されました。

<一緒に検索されたワード>プロフィール・ミスチル・インスタ・広島・1/5000・Raw Scaramanga など

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP