ユースケ・サンタマリアと志田未来のタッグが活躍! 同時発生した七件の事件の謎に迫る 『警部補・碓氷弘一』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマスペシャル『警部補・碓氷弘一 〜マインド〜』ユースケ・サンタマリア(碓氷弘一 役)、志田未来(篠宮梓 役) (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

ユースケ・サンタマリア演じる普通のオジサン風刑事が、変わった経歴のバディと不可解な難事件に挑む「ドラマスペシャル 警部補・碓氷弘一 〜マインド〜」が、2018年11月25日の「日曜プライム」枠[テレビ朝日系 21:00〜23:05]で放送される。今作では、今野敏原作の碓氷弘一シリーズ「マインド」を初ドラマ化。志田未来演じる心理捜査官とのタッグで、同日同時刻に発生した七件の事件の謎に迫る!

妻の喜子(紺野まひる)とヨリを戻し、娘の春菜(畑芽育)と家族3人の暮らしを取り戻した碓氷(ユースケ・サンタマリア)に、係長の鈴木(佐野史郎)から召集の電話が入る。昨夜、都内で不動産会社の管理職の男が刺殺された事件、別の場所で高校の教員が金属バットで撲殺された事件、そして、巡査と中学生の二件の自殺がほぼ同時刻に発生していることがわかった。捜査一課長の田端(石丸謙二郎)は、4つの事案に共通点がないか、第5係に捜査を命じる。

2人の自殺者がともに遺書を残していないことに疑問を持つ碓氷。一方、不動産会社管理職刺殺事件の容疑者・佐原の自宅アパートからは、血のついた衣類と包丁が見つかった。これで佐原の起訴はほぼ確実となったが、その行動には不審な点も。碓氷は高木(滝藤賢一)と共に佐原を取り調べるが、佐原はパワハラを受け退職に追い込まれるなど管理職殺害の動機は認めたものの、自ら殺害した記憶が抜け落ちており、自宅で目を覚ました時には、血まみれの服を着ていたという。

そんな中、突然第5係にやってきたのは、科警研で心理捜査を担当し、ズケズケと自らの意見を主張する梓(志田未来)。驚いた碓氷が、同じ科警研で以前共に連続通り魔事件を捜査した紗英(相武紗季)に連絡すると、先の四件の事件と同時刻に三件の性犯罪事件が発生しており、3人の被疑者が佐原と同様に、犯行時の記憶が曖昧だと供述しているのだという。

梓から事件の説明を聞いた碓氷は、ほぼ同時刻に発生している七件の事件が偶然とは思えず、何か裏があることを確信し、碓氷と共に佐原や教員を撲殺した白井を聴取した梓は、彼らの犯行時の記憶が曖昧だという証言は嘘ではないと断言。そして碓氷と梓は、自殺者のパソコンの解析などから、事件に関わりのある7人全員が「ラメール・メンタルクリニック」という心療内科に通っていたことを突き止める。

クリニックを訪ねた碓氷と梓は、院長の瞳(小雪)から事情を聞く。事件に関係する7人全員が自らのクライエントであったことを認める瞳に、梓は「心理的にクライエントをコントロールすることも可能なのでは?」と切り込むが、瞳は自らの関与を真っ向否定し、碓氷らを追い返す。

しかし、紗英から「ラメール・メンタルクリニック」のクライエントが過去に数々の事件を引き起こしていたという情報がもたらされる。クリニックが、院長の瞳が、犯罪者を作り出しているのだとしたら、目的は何なのか? また、どのように立件するのか? 碓氷と梓はミステリアスな事件の闇へと足を踏み入れていく…。

上記以外の出演者は、三浦貴大、中村ゆり、北村有起哉。脚本は「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」「火の粉」「限界団地」などで知られる香坂隆史が担当し、監督は『SP THE MOTION PICTURE 野望篇&革命篇』「BORDER」の波多野貴文が務める。作品内容の詳細については、ドラマの公式サイトを参照されたい。

■ドラマスペシャル【警部補・碓氷弘一 〜マインド〜】11月25日(日)よる9時放送/60秒PR

■日曜プライム ドラマスペシャル 警部補・碓氷弘一 〜マインド〜|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/usuikoichi02/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP