オホーツクの農協×北見工大の農業機械研究に注目、森崎リーダーも興奮の驚きの技術とは!? 『あぐり王国北海道NEXT』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『あぐり王国北海道NEXT』場面1 (c)HBC
画像を拡大して見る

北海道各地で真剣に農業に向き合う生産者たちの知恵と工夫を紹介し、「食の大切さ」を伝える、ためになって楽しいエデュテインメント番組『あぐり王国北海道NEXT』(HBC)。2018年5月19日(土)午後5時からの回では、先進の農業機械研究に注目。北見工業大学とオホーツクエリアの14の農協が連携して取り組む最新研究を紹介する。

これからの農業を支える研究が行われているという、オホーツクの津別町。早速、町内の畑へ向かったあぐり一行が見つけたのは、稼働する一台のトラクター。目を凝らして見てみると、運転席の生産者は、なんとハンドルから手を放している。

実はこのトラクター、ハンドルの操作をしなくても、決められたルートを正確に走行できる優れモノ。最新の研究技術が生かされているという。興味津々の森崎リーダーとあぐりっこは、試乗させてもらうことに。すると驚きの機能を発見。彼らを大興奮させた、その機能とは一体…。

次に北見工業大学に向かった一行は、研究真っ只中の農業用作業機械を見学。ここで見つけたのは、カボチャの自動皮むき機。手間のかかるカボチャの皮むきをボタンひとつで可能にする。今回がテレビ初公開、その高い技術に注目だ。

この『あぐり王国北海道NEXT』は、2018年5月19日(土)午後5時〜5時30分、HBC北海道テレビで放送される。

■出演:森崎博之(TEAM NACS)/森結有花(HBCアナウンサー)/あぐりっこ隊

■番組公式サイト

http://www.hbc.co.jp/tv/aguri/

(C)HBC

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP