鈴木亮平『西郷どん』第13話を振り返る「吉之助にとっても僕にとっても感慨深いシーン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木亮平が公開した、『西郷どん』撮影地(鹿児島県姶良市・龍門司坂)【1】
画像を拡大して見る

NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』(日曜午後8時)で主演を務める俳優の鈴木亮平(35)が8日にアメブロオフィシャルブログを更新。8日に放送された第十三回について振り返ると、吉之助(鈴木)と正助(瑛太)、吉之助と斉彬(渡辺謙)とそれぞれのシーンに感動したというコメントが殺到している。

同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男。明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。 鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。

第十三回(4月8日放送)の副題は「変わらない友」。篤姫(北川景子)の輿入れを果たした吉之助(鈴木亮平)は3年ぶりに帰郷する。西郷家はさらに貧困を極めていたが、家族や正助(瑛太)たちは再会を喜び質問攻めにする。けれど斉彬(渡辺謙)の密命を担う吉之助は話せないことばかり。友との間に埋まらぬ溝が出来てしまう。そんなとき老中・阿部正弘(藤木直人)が急死。斉彬の構想は揺らぎ、江戸に戻ることになった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが、正助は激怒する、という内容。

放送後、「ブログで大河紀行 (西郷どんこぼれ話 13)」と題して更新したアメブロは、「こんばんは。今宵も西郷どん第13話、観ていただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか?鈴木亮平です。」とファンに投げかけると、「殿と二人で酒を酌み交わすシーン。あのシーンは吉之助にとっても僕にとっても、非常に感慨深いシーンになりました。幼き日に見たあの馬上の殿と、二人きりで、同じ目線で今酒を酌み交わしている。こんな日が来ようとは…」としみじみ。

そして、「今週は、ついに月照様が登場しましたね。」と尾上菊之助演じる京都の僧侶・月照について触れると、月照が住職を務めた清水寺成就院に去年4月、自身が主役を務めた『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』(WOWOW・全5話)の撮影の合間に訪れたことを明かした鈴木は、「清水寺はやはり観光客や学生さんで大混雑でしたが、同じ敷地内にあるここだけは、まるで幕末から時が止まったかのように静まり返っていました。20分ほどぼーっと眺めていたのですが、観光客など誰一人来ず、時たまお坊さんが通るだけ。1分歩けば大混雑の観光スポットに、こんな静かな場所があるとは。」と写真や動画を公開し、「京都に行かれる機会がありましたら、皆さんも是非立ち寄って月照上人に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?」と呼びかけた。

さらに、鈴木も大好きだという婚会の最後で正助(瑛太)を熊本に連れ出す大事なシーンを撮影した鹿児島県姶良市・龍門司坂については「ここは、西南戦争へ向かう薩摩軍が実際に通った道としても有名なのだとか。本当に澄み切った空気が感じられる素晴らしい場所です。」と説明し、「ただし、苔むしているので走ると吉之助のように必ず滑って転びますから気をつけてくださいね!今日のこぼれ話は、こんな感じでお届けしました。来週は再び江戸に戻り、ストーリーが大きく動く回になります。お楽しみに〜!」と締めくくっている。

ドラマを観たファンからは「最後の方は自然と泣けてきました」「今日のは泣いた!」「じーーんと涙があふれて、感動しました」「吉之助さんと昌平どんの友情に感動しました」「このシーンにググッときました。このような方が上司にいたら、いいのになあと。」「殿様とのお酒を飲むシーンよかった」「男の友情はかっこいい」「いろいろな展開がありそうで、1秒も見逃せない」「なんか坂の上で会いたかった2人が会えて泣けた!」「もう、号泣でした!」「殿と吉之助、正助どんと吉之助さぁ!どちらも、熱かったです!」と号泣した声が殺到したり、鈴木が公開した成就院の写真や動画に「動画…とても素敵」「いつかゆっくりと京都を散策してみたいです」「こんなに静かな場所があるなんて。びっくりしました」などのコメントが寄せられている。

またアメブロ更新の翌日、小栗旬が同ドラマで坂本龍馬を演じることが発表。ファンからは早速、「嬉しいニュース」「やったー、小栗旬君が龍馬だ!」「小栗龍馬さん、どうか亮平吉之助さんと一緒に日本の為に駆け巡ってくださいませ」と喜びの声も寄せられた。

NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』(日曜午後8時)第十四回「慶喜の本気」は4月15日放送。アメリカ総領事ハリスが将軍家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)は橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)は大激怒。吉之助と左内は八方塞がりとなる。さらに井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた。
https://www.nhk.or.jp/segodon/

■鈴木亮平 オフィシャルブログ 「Neutral」 Powered by Ameba

https://ameblo.jp/suzuki-ryohei

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP