心配性の原田泰造パパが、キズパワーパッド(TM)の力を“まさかの実感”!バンドエイド(R)新キャンペーンCM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンドエイド(R)新キャンペーン『まさかの実感!キズパワーパッド(TM)』開始/新TVCM 『まさかの実感!キズパワーパッド(TM)”靴ずれ篇”』
画像を拡大して見る

心配性のお父さん役に原田泰造さんを起用し、本日3月26日(月)より全国で放映開始

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマーカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:マリオ・スタイン)が販売している治癒タイプ絆創膏ブランド「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」は、新キャンペーン『まさかの実感!キズパワーパッド(TM)』を開始し、タレントの原田泰造さんが出演するTVCM『まさかの実感!キズパワーパッド(TM)”靴ずれ篇”』を、本日2018年3月26日(月)より全国での放映を開始します。

「バンドエイド(R)キズパワーパッド●」は、2004年に初めて家庭向けの製品でモイストヒーリングを採用した製品として発売を開始しました。貼るだけで自然治癒力を高め、進化したテクノロジー※1で痛みを和らげます。さらにキズを早く治し、キズあとも残りにくい、これまでになかったキズケア製品として多くの支持を集めています。

その「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」の効果・特徴をより多くの方に周知するキャンペーンとして、『まさかの実感!キズパワーパッド(TM)』を開始し、通常の絆創膏では叶えられなかった、「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」ならではの期待を超えるキズケア体験を季節に合わせたストーリー仕立てのTVCMで発信していきます。

TVCMにはタレントの原田泰造さんが出演し、原田さん演じる家族を想う心配性の父親とその家族が、「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」により“まさかの実感※2”を得るストーリーで構成されています。

第1弾となる”靴ずれ篇”は、春に就職活動で面接に急ぐ娘が、靴ずれにより立ち止まってしまうシーンから始まります。どこからともなく駆けつけた原田さん演じる父親が娘の痛々しい靴ずれを心配しますが、一緒に面接に向かっていた友人が渡した「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」によりキズの痛みも和らぎ、再び面接へ向かうことができます。キズパワーパッド(TM)の効果を疑っていた父親が、その効果に納得するまでの様子を描きました。

「バンドエイド(R)キズパワーパッド(TM)」は、キズの種類やサイズ、部位ごとに合わせた様々なラインナップを取り揃えていることから、今後もキズにあわせたCMを展開する予定です。

※1自社ドライヒーリングと比較して
※2貼り心地

ブランドサイトURL:http://www.band-aid.jp/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP