片岡鶴太郎&筧美和子の凸凹コンビが、名画をめぐる殺人事件の真相に迫る! 日曜ワイド「しんがん〜警視庁お宝捜査」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜ワイド「しんがん〜警視庁お宝捜査」井津川真琴(筧美和子)、宝井心眼(片岡鶴太郎) (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

大人が楽しめる上質なエンターテインメント作品を届けるドラマ枠「日曜ワイド」[テレビ朝日系 午前10:00〜11:50]の2018年2月18日放送分では、片岡鶴太郎と筧美和子が出演する「しんがん〜警視庁お宝捜査」をオンエア。鋭い鑑定眼を持つ“お宝マニア”の刑事と、初捜査に燃える新人刑事が、国宝級の名画をめぐる殺人事件の真相に迫る。

東京・佃島で、美容師・笹山静香(階戸瑠李)が殺害される事件が発生。新人刑事・井津川真琴(筧)は、刑事課長の仲間宗次郎(飯田基祐)から、いつも管内をぶらついてばかりの変わり者のベテラン刑事・宝井心眼(片岡)とコンビを組むよう命じられる。

真琴に呼び出されて現場に現れた宝井は、被害者宅から国宝級のお宝である掛け軸“まやかし美人”を発見し、そんなお宝がなぜ彼女の部屋にあるのか訝しむ。しかし捜査本部は、事件直前に静香と言い争っていた謎の中年男を第一容疑者として追うよう指示する。

本部の動きとは別に事件を調べはじめた宝井たちは被害者の勤務先へ。すると美容室の経営者・風間乃理子(青山倫子)が、掛け軸は自分のものだと打ち明ける。“まやかし美人”は乃理子の父が生前集めていたコレクションのひとつで、静香の知人の美術大学の学生にその価値を調べてもらおうと、彼女に預けていたのだという。

そんな中、静香が事件の3日前、宝井の実家である老舗質店「万物堂」に掛け軸を持ち込んでいたことが判明。店を取り仕切る義理の妹・遼子(石田ひかり)によると、静香は“まやかし美人”を手に「500万円を貸してくれ」と頼んできたのだとか。不審に思って断ると、静香の恋人らしき若い男が激怒し、掛け軸を手に店を出て行ったという。

ところがその矢先、“まやかし美人”がネットオークションに出品されていることが発覚。静香の部屋から押収し、署の保全室に保管されている“まやかし美人”は本物なのか? 疑いを持った真琴のため、宝井は自身の友人で美大の教授・夏目幹比古(国広富之)を呼んで鑑定を依頼。すると、衝撃の事実が浮かび上がり…!?

上記以外の出演者は、みのすけ、水橋研二、並樹史朗、鈴木正幸 ほか。脚本は安井国穂が担当し、監督は池澤辰也が務める。作品内容の詳細については、番組公式サイトを参照されたい。

■日曜ワイド「しんがん〜警視庁お宝捜査」

■日曜ワイド|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/nwide/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP