香川照之扮する“カマキリ先生”がマレーシアへ、ヤラセなしのガチの虫探しに「昔の電波少年みたい(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『香川照之の昆虫すごいぜ!』香川照之(1) (c)NHK
画像を拡大して見る

昆虫好きの俳優・香川照之が“カマキリ先生”に扮し、昆虫の凄さと面白さを伝える「香川照之の昆虫すごいぜ!」。その特別編となる「カマキリ先生☆マレーシアへ行く」が、元日の2018年1月1日(月)9:00〜9:44[放送枠拡大]にNHK Eテレで放送されることが決定し、香川がその見どころについて語った。

“人間よ、昆虫に学べ”をテーマに、香川が熱い昆虫トークを繰り広げる同番組。今回の特別編は、“冬もカマキリ先生を観たい”という視聴者からの要望を受けてのもので、香川扮するカマキリ先生が冬の日本を飛び出し、昆虫の宝庫として知られるマレーシアの熱帯雨林へと向かうという、番組初の海外ロケとなる。

そこでカマキリ先生が狙うのは、美しきマレーシアの国蝶「アカエリトリバネアゲハ」に、枯葉や花にそっくりの多種多様なカマキリの仲間、3つの巨大な角を持ち、子どもたちに大人気の「アトラスオオカブト」など。しかし、日本とはまったく違う環境に苦戦を強いられて…。果たして、カマキリ先生は異国の熱帯雨林でどんな虫を見つけ、どのような授業をしてくれるのか?

なお、大晦日の2017年12月31日(日)9:00〜11:00には、これまでの4本(「トノサマバッタ」「モンシロチョウ」「タガメ捜査一課」「オニヤンマ」)がEテレで一挙再放送されるので、気になる人はこちらのチェックもお忘れなく。

■香川照之 コメント

——5回目の放送は初の冬。そして、ついに海外ですね?

この番組で海外に行くことになるとは…NHKはやっぱりすごいですね。日本の冬で、昆虫が幼虫や卵の時期をじっくり見るのもよいですが、こうやってマレーシアにきてみると、この時期に蝶が飛んでいたり、いろんなバッタがいたり、まだ虫と一緒にいられる幸せを感じています。それも、この番組が続いてくれたおかげ。もう5回目ですか、早いですね!

——マレーシア編の見どころは?

前回までは、スタッフのロケハン能力の高さもあり、偶然も作用して、目的の昆虫に出会えてきました。しかし、探せば見つかるというのは大間違いで、広い自然の中に狙った昆虫がいるはずの場所を見つけ、さらにそこで本当に昆虫に出会えるというのは実は奇跡的なことでだからこそ、出会えたときの感動が大きいんです。決してヤラセなしの、ガチの虫探しですから。もう、私にとっては、昔の電波少年みたいなもんです(笑)。今回も大変でした。

——疲れましたか?

疲れましたね。カマキリの頭を1日に14時間被りっぱなしでしたから。もう、おかしいよね、マレーシアの現地の人には絶対にコメディアンだと思われていますよ。でも、決してそうではないということを証明するために、いずれ俳優として海外に進出したいと思います!

それと、もうひとつの見どころは、主にロケをしたマレーシアのキャメロンハイランド。首都のクアラルンプールからは遠い標高1500メートルの高地なんですが、そこの3大名物とも言われている、コケの山、ラフレシアの花、紅茶畑、このうちの2つを見ることができました。これも昆虫を探して奥地に行ったおかげ。14時間カマキリの頭を被っただけのことはありました。これも今回の番組の見どころです。

——子どもたちに熱いメッセージを!

昆虫すごいぜ!授業は3時間、特別課外授業編がタガメに続いて、ついに2つ目、全部で5つ目の授業となりました。新しい年を迎えて、今年も昆虫がみなさんのとなりにいて、その昆虫たちから学ぶことができるよう、全力でサポートしていきたいと思っています。さぁ、みなさん、私のように、虫取り網を片手に昆虫をどんどんつかまえて、いろんなことを学びましょう!

■香川照之の昆虫すごいぜ! | NHK for School

http://www.nhk.or.jp/school/sugoize/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全8枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP