SF恋愛漫画の金字塔「電影少女」が野村周平主演で初ドラマ化、原作者の桂正和「イメージピッタリで、ワクワクしてます!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜」野村周平(弄内翔[もてうちしょう] 役) (c)『VIDEO GIRL〜電影少女2018〜』制作委員会
画像を拡大して見る

累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画「電影少女」の25年後の世界を描くドラマ「電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜」が、2018年1月クールのテレビ東京系土曜ドラマ24枠にて放送されることが明らかになった。主演を務めるのは、『ちはやふる』や『帝一の國』など数々の映画やドラマで活躍中の野村周平。脚本は喜安浩平、監督は映像作家の関和亮が務める。

原作は、「ウイングマン」「I”s」などで「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた作家・桂正和の代表作「電影少女」(1989年から1992年まで連載)。初のドラマ化となる今作では、2018年を舞台に、原作漫画の主人公・弄内洋太の甥である高校生・弄内翔(野村周平)が、叔父の家で見つけたビデオテープから飛び出してきた“ビデオガール・アイ”と称する謎の女の子と送る、3カ月間の共同生活の様子を描く。

脚本は、『ディストラクション・ベイビーズ』『幕が上がる』などを手掛け、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が担当。独特の世界観とスタイリッシュな映像でPerfumeや星野源といったアーティストからも支持を得ている映像作家の関和亮(ドラマ「下北沢ダイハード」など)が監督を務め、“ほろ苦くて切ない”2018年リブート版「電影少女」を届ける。

なお、“ビデオガール・アイ”を誰が演じるのかはまだ明らかになっていないので、続報が気になる人はドラマ公式HPのチェックをお忘れなく。そしてこの度、主演の野村周平、原作者の桂正和氏、テレビ東京コンテンツビジネス部プロデューサー・五箇公貴氏のコメントも到着している。

■主演:野村周平(弄内翔[もてうちしょう] 役)コメント

今回は若い役者さんが多く出演するドラマなのでみんなで楽しくやっていけたらと思います。
僕が演じる弄内翔は、両親が離婚していることもあり何か心に抱えているような、殻に閉じこもっている高校生です。
ですが、ビデオガール・アイと出会い一緒に過ごしていくうちに、彼は段々と変わっていきます。
原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。
楽しみに待っていてください。

■原作:桂正和 コメント

思い出深い作品なので、ドラマになることがすごく嬉しいです。さらには今回のコンセプトが面白くて期待大!!
脚本を読ませて頂いた時から、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像してましたが、イメージピッタリで、ワクワクしてます!!

■テレビ東京コンテンツビジネス部プロデューサー・五箇公貴 コメント

『ウイングマン』『I”s』…。
桂正和といえば70年代中盤生まれの僕ら(監督関さん、脚本喜安さん)世代にとってはあこがれの存在だったし、バイブルだった。
先生の描くちょっとダメな主人公に感情移入してはハラハラし、超絶かわいい女の子の大胆な行動に毎週ドキドキしっぱなしだった。
その中でも『電影少女』はひときわ輝きを放っていた。
『週刊少年ジャンプ』に連載されていたのが1989-1992年。あの頃は日本も景気が良かったし、オウムの事件や震災の起こる前で、今より将来に夢も希望も持てた。
でも今はもっとシビアな時代。若くてもそう簡単に将来に希望なんて持てない。
脚本家の喜安さんは第1話で主人公の翔に
「言わなくていいことは言わない。現状維持が最善の選択。それが俺たちの正解だ」と代弁するかのごとく語らせる。
そこに突然1990年で時が止まった少女、アイがやってくる。
携帯やインターネット前夜、まだ人と人とのコミュニケーションが今より強かった時代に作られた存在である“ビデオガール・アイ”とそれを面倒だと思う2018年の高校生、翔。
この価値観の違った二人を中心に今回の物語は進んでいく。

不完全体で生まれてきた“ビデオガール・アイ”は向こう見ずでおっちょこちょいで危なっかしい。でも人間に対して「おまえのいいとこめっけ!」と励まして、必死で力になろうとする、人懐っこくて人間よりも人間っぽい存在だ。

彼女が最初に生まれて四半世紀。世の中は色々なことがあったし、僕らも歳をとった。人生簡単にはいかないということも分かってきた。
世の中は面倒なことばかりだ。
だからこそ“時代遅れのビデオガール”にみんなを励ましてほしくなった。
それが今回『電影少女』を現代版として映像化したいと思った理由です。
若い人達が翔とアイの懸命に生きていく姿を見て、すこしでも頑張ろうと共感してもらえるような作品にしたいと思うし、僕らが当時桂先生から受けとったピュアな気持ちと素晴らしいメッセージを次の世代につないでいきたいと思っています。
このドラマを見た高校生が、自分たちの話だと思ってくれたら嬉しい。
そのために主役は今の若者を代表する感じが必要不可欠だと思いました。
そういう意味で、翔役には『ちはやふる』で揺れ動く若者の繊細な感情を見事に演じ、主役としての華を兼ね備えている、野村周平さんしかいないと思いました。
今年はレプリカントと人間を描いた不朽の名作『ブレードランナー』の続編が作られました。来年は日本のライアン・ゴズリングこと野村周平による続編『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』を何卒宜しくお願い致します!

※原作での“ビデオガール・あい”はひらがな表記、ドラマでの“ビデオガール・アイ”はカタカナ表記で区別しています。

■土曜ドラマ24「電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜」

放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
放送時期:2018年1月クール

<イントロダクション>
親が離婚し、叔父・弄内洋太の家に居候することになった、普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いており、翔の恋の行方は雨模様。家庭も学校もうまくいかない日々…。そんな彼はある日、叔父の家の納戸で壊れた古いビデオデッキを発見する。何かに惹かれるかのように必死でデッキを直す翔。するといきなり映像が流れ始め、そこには“ビデオガール・アイ”と称する謎の女の子の姿が。そしてビデオからアイが飛び出してきて…。翔とビデオガール・アイの3か月間の奇妙な共同生活が始まる。

【原作:桂正和「電影少女」 <集英社文庫(コミック版)>】
高校生の弄内洋太は、自分が好きな相手が、自分の親友を好きなことを知り傷ついてしまう。そんなとき、不思議なレンタルビデオショップ「GOKURAKU」が目の前に…!
そこで借りたビデオを再生するといきなり、美少女が画面から飛び出してきて…!
「週刊少年ジャンプ」1989年51号より連載開始(あい編)、爆発的人気を誇る桂正和の代表作のひとつ。

ドラマ公式HP⇒http://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2018/

(C)『VIDEO GIRL〜電影少女2018〜』制作委員会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP