好評企画「ブギウギ爆釣倶楽部」でヒラメを狙うウエスギ専務とおおち係長、プロの指導で成功なるか!?『ブギウギ専務』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブギウギ専務』ウエスギ専務、おおち係長 (c)STV
画像を拡大して見る

架空のPR会社「(有)上杉ポンプ商会」を舞台に、ウエスギ専務(上杉周大)とおおち係長(ダイノジ・大地洋輔)が北海道の森羅万象に過酷な体当たりで挑む、札幌テレビのバラエティ『ブギウギ専務』(北海道ローカル)。2017年10月29日(日)夜11時25分からの放送では、「ブギウギ爆釣倶楽部 秋の古平ヒラメ編(3)」をお送りする。

北海道各地で四季折々の釣りに挑戦する好評企画「ブギウギ爆釣倶楽部」。今回は積丹半島の古平町で高級魚・秋のヒラメ釣りにチャレンジする。

釣り初心者のウエスギ専務とおおち係長は、特別顧問である小樽市の釣具店社長・法邑(ほうむら)勇作さんとともに古平漁港から釣り船で出港。ヒラメ釣りは夜明け前後の時間帯が勝負だ。

目標は50センチ級の大物ヒラメだというが、釣れるのは小さなフグばかり。はたして専務と係長は無事にヒラメを釣り上げることができるのか?

この『ブギウギ専務』は、10月29日(日)夜11時25分〜11時55分に札幌テレビで放送される。

■番組公式サイト

http://stv.jp/tv/senmu/

(C)STV

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP