西島秀俊が水曜ドラマで綾瀬はるかの“優しい旦那様”に「どんなドラマが紡がれていくのか楽しみ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」:西島秀俊 (c)NTV
画像を拡大して見る

主演:綾瀬はるか×原案・脚本:金城一紀の布陣で贈る2017年10月期水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」[日本テレビ系 10月4日スタート 初回10分拡大]にて、綾瀬演じるヒロインの夫役を西島秀俊が務めることが明らかになった。西島は「綾瀬さんとは久しぶりの共演で、初めての夫婦役です。奮闘する女性たちの間にどんなドラマが紡がれていくのか楽しみです」とコメントを寄せている。

同作は、ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた正義感の強いヒロイン・伊佐山菜美(いさやまなみ/綾瀬はるか)が、主婦たちとの友情や旦那の存在によって本当の優しさと温かさを知っていく様子を描く、ホームドラマとアクションが融合したエンタメドラマ。原案・脚本を「SP」「BORDER」「CRISIS」の金城一紀が手掛け、共演には広末涼子、本田翼らが名を連ねる。

今回出演が発表された西島秀俊が演じるのは、ヒロインの菜美が人生初めての合コンで一目惚れし、出会って三カ月で結婚することになる運命の男性・伊佐山勇輝(いさやまゆうき)。勇輝は友人と共同でIT企業を経営しているセレブで、少し天然な菜美の行動も笑顔で許す優しい旦那様という役どころ。菜美は、そんな理想の夫との温かい暮らしを守るため、ワケありの過去を必死で隠すが…。

水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■西島秀俊 コメント

金城さんが綾瀬さんを主演に迎え、女性たちの物語を描くと聞いた時、いったいどんな作品が生まれるのだろうかと期待で胸が高鳴りました。
素晴らしい才能と才能が出会う、その現場に立ち会えることをとても嬉しく思います。
綾瀬さんとは久しぶりの共演で、初めての夫婦役です。奮闘する女性たちの間にどんなドラマが紡がれていくのか楽しみです。ぜひご期待ください。

■水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

<あらすじ>
伊佐山菜美(30歳・綾瀬はるか)は、合コンでひとめ惚れした男性と結婚し、閑静な高級住宅街に暮らすちょっとセレブな専業主婦。
誰もがうらやむ穏やかで満ち足りた生活は、何もかも順風満帆に思えた。
しかし、暮らし始めて半年がたったいま、菜美には悩みばかり。
料理のセンスがなさ過ぎて、キャベツを切ればつながったまま。手作りドレッシングは大不評で、近頃夫は外食で済ませがち。
そして何より最大の悩みは、毎日の生活が“平凡すぎる”こと。
憧れて手に入れたはずの“普通の家庭生活”に、いつしか彼女は物足りなくなっていた。
そんなある日、菜美は隣人の主婦に誘われて料理教室に通うことになる。新しい生活で初めてできた友人たちに「料理の味付けの仕方」から「夫をその気にさせるムードの作り方」など、“主婦の知恵”についてアドバイスを受ける菜美。女友だちとの友情を育んでいく。
そんな中、同じ料理教室に通う、ある主婦が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、どうやったら彼女を救えるか悩んだ挙句、決意する。
「わたしがなんとかしてあげる」
曲がったことが大嫌い、悪い奴らは放ってはおけない!
果たして菜美は、どんな方法でトラブルを解決するのか?
“普通”を知らない特殊すぎる主婦・菜美。波乱の“やり直し”人生の幕が上がる!

公式サイト⇒http://www.ntv.co.jp/okusama/

(c)NTV

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP