明石家さんま、有吉弘行も大絶賛!“ワイプの女王”矢口真里がAbemaTVでテクニックを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:AbemaTV <https://abema.tv/>

明石家さんま、有吉弘行も大絶賛!“ワイプの女王”矢口真里がAbemaTVでテクニックを披露
画像を拡大して見る

 AbemaTV(アベマTV)の「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組『芸能義塾大学』#4が8月3日(木)夜8時から放送される。


 同番組は、数多くの人気番組の司会を務めるテレビ朝日アナウンサー・大熊英司の進行のもと、弱肉強食のテレビ業界の第一線で活躍する先輩芸能人が“講師”として登場し、普段あまり明かされることがない、芸能界で生き残るためのテクニックやルールを次世代に伝授していく番組。

 8月3日(木)の放送回では、『これさえ覚えればもっとスタジオに呼ばれる!もっと編集で使われる!ワイプ術講座』と題して、芸歴19年、現在は様々なバラエティ番組で活躍しているタレント・矢口真里が講師として登場。生徒として、モデルのNiki、柴田あやな、タレントの菊地亜美、女優の山地まり、アイドルグループ・NGT48の北原里英の5人が講義に参加する。

 お笑いタレント・明石家さんまが以前、「ワイプ芸で仕事を獲るという新しい道を開いた」と絶賛し、お笑いタレント・有吉弘行は“ワイプモンスター”とあだ名をつけたほど、芸能界で“ワイプ芸”が認められている矢口が、「これだけは覚えておいてください!」と話す4つのテクニックを紹介。矢口は、ワイプ内でリアクションを取る際の基礎となる“3秒ルール”から、ワイプに映っている最中に考えておくべきこと、ワイプ内での表情の使い分け方など高レベルなテクニックまで、具体的な事例を交えながら説明していくと、生徒たちからも感心の声が続出。矢口自身も、芸能界で活躍してきた中でとても重要であったと語り、“ワイプ芸で引っ張りだこになる秘訣”を明かす。



■『芸能義塾大学』#4番組概要


「AbemaTV」では過去の放送も「Abemaビデオ」で無料で視聴することができ、7月27日(木)放送回では『消える奴はここがダメ!芸能界で活躍し続ける本当の秘訣講座』と題して、芸人としてだけでなく、役者やコメンテーターとしても幅広く活躍する、芸人・カンニング竹山が講師として登場。番組冒頭から「芸能界で消えないためには、人気者になりすぎないことが秘訣!」と断言した竹山は、芸能界からすぐ消える人の特徴を、“消える危機レベル”順に紹介。“ギャラとプライドが高い人は消える!”“友達のパターンが1つしかない奴はすぐ消える!”など、幅広いジャンルの番組で活躍する竹山ならではの視点から分かる、“芸能界で活躍し続ける秘訣”は「Abemaビデオ」で視聴できる。

「Abemaビデオ」で無料で視聴できます。

7月27日(木)放送URL:https://abema.tv/video/episode/90-656_s0_p3


(C)AbemaTV




この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP