真壁有希子が被疑者のネイリストに丸め込まれる!?天海祐希主演「緊急取調室」第6話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

天海祐希主演「緊急取調室」第6話 (c)2017 テレビ朝日
画像を拡大して見る

なぜ死ななければならないのか! テレビ朝日系列にて5月25日(木)よる9時から放送される「緊急取調室」第6話。自宅マンションから銀行員の大谷雅美(阿南敦子)が転落死し、自殺と断定された。ところが、死ぬ直前に雅美が携帯で、何者かと通話していたことが判明。再度、捜査員が通話相手の茂手木恭子(鶴田真由)に事情聴取をすることに。すると、恭子は雅美から多額の金を融資してもらっていることが分かった。しかも、融資した女性はあと二人。みんな自殺で死んでいた…。

前回(第5話)は…

旅行会社の社員・水越辰也(塚本高史)が目を覚ますと、ベッドの中は血だらけで前日から来ていたワイシャツにも血がべったりついていた。しかも手には血染めのナイフ…。
そのまま夢遊病者のように街を歩いているところを、「もつなべコンビ」こと捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)に職務質問される。
水越は前日の記憶がない。「誰かを殺してしまったかもしれない」と供述するが、犯行現場も遺体もない状況で、捜査員たちもお手上げだった。
やがて遺体はクルーザーで発見。事件性は出てきたが、鑑識班の調べで水越は“シロ”だと判明した。
だが、なぜ自ら罪を犯したと言ったのだろう。

供述の中から真実を突き止めるには、緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のスペシャリスト・真壁有希子(天海祐希)に任せるしかない。捜査一課長・沢渡巌(三上市朗)はそう判断した。
ところが、赴任以来、迅速な事件解決を目指せと口うるさく言っている刑事部長・磐城和久(大倉孝二)から、今回に限って不可解な要請が入ってきて…。

第6話あらすじ

生真面目で、客との接待も評判の良い銀行員・大谷雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死した。
マンションの住人が、転落する前に「やめて!」という悲鳴を聞いていたが、部屋には他殺の物証がなく自殺と断定される。
ところがその後、鑑識班の調べで、被害者・雅美の携帯電話が飛び降りる前後につながっていたことが判明した。
つまり、死ぬ直前まで誰かと話していたことになる。当然、その相手先を刑事は探し出す。
この時点で捜査一課も合流する。「もつなべコンビ」の渡辺刑事、監物刑事も聞き込みに走る。
まもなく、通話相手は雅美が通っていたサロンのネイリスト・茂手木恭子(鶴田真由)だと判明。事情聴取をすることに。
調べると、この6年のうちに女性顧客が2人、恭子に多額の金を融通したのち、自殺していたことが分かってきた。
このことから、捜査一課は雅美を含む3人の顧客を洗い出し、恭子が自殺を強要したと推理した。
だが、なぜ?
通常の事件パターンなら、金を借りたほうが前途を悲観し自殺するというのは分かるが、この場合、金を貸した方が自殺している…?
茂手木恭子は話し方も穏やかで、客を飽きさせない話術も持っている。とても相手を恫喝して死に至らせるような女性には見えない。
あやしい行動もあるのだが、物的証拠もなかった。

そこで真壁有希子ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に、刑事部長・磐城和久から出動の要請が入った。
有希子は取調官・菱本進(でんでん)とともに、事情聴取を拒否し続ける恭子を訪問。
すると恭子は何を思ったか、有希子が聴取を担当するなら協力すると言いだした。
有希子が叩き上げの取締官と知ってのことか。それとも同性と思って安心したか。

さっそく有希子は取り調べを開始することに。
ところが恭子はどんなに問い詰められても落ち着き払った態度で、有希子も取り調べに戸惑う。しかも有希子の手を見てシングルマザーであることを見抜き、その労をねぎらってくる。
取り調べのスペシャリストが、反対に取り調べられているような感じ。さすがの有希子も感情とペースをひどく乱され、管理官の梶山勝利(田中哲司)から厳しくたしなめられてしまう。

このままでは相手のペースに巻き込まれてしまう。この時点で真壁有希子は、茂手木恭子の犯行を確信していた。
「よし!丸裸にしてやるわ!」
有希子のエンジンがフル回転で動き始めた。
汚名挽回を誓った有希子はキントリ・メンバーと連携し、恭子の関与を裏付ける証拠を求め、自殺者たちの関係者に聞き込み捜査を敢行する。
そんな中、有希子がなんと、こっそり単独で恭子のサロンへ向かうではないか。
まさか手の荒れを指摘され、ネイルアートでもする気になったのか…。

第6話は5月25日(木)よる9時より放送。

犯人は笑みを浮かべながら自殺者を追い込んだ! 第6話はテレビ朝日系列で5月25日(木)よる9時より放送。

「緊急取調室」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/kintori/

緊急取調室(2017)

テレビドラマ 国内ドラマ 刑事

製作年:2017年

あなたをマル裸にする。極限の心理戦。真実は、暴かれる。

緊急取調室

テレビドラマ 国内ドラマ サスペンス 犯罪/クライム 刑事

製作年:2014年

あなたをマル裸にする。

ドラマスペシャル 緊急取調室

テレビドラマ 国内ドラマ 刑事

製作年:2015年

あの『緊急取調室』がスペシャルとなって帰ってくる!

最後は必ず正義が勝つ

シングル

テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』主題歌


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP