“宮川バツイチ朗太”先生が娘の学資保険を使い込んだ過去を告白、離婚後に陥る4大落とし穴にスタジオ騒然『しくじり先生』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』しくじり先生の宮川一朗太先生。 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

反面教師バラエティー『しくじり先生』(テレビ朝日)。5月21日(日)夜9時58分からの放送では、俳優の宮川一朗太が娘に迷惑をかけちゃった宮川バツイチ朗太先生”として登壇し、“シングルファーザーになって子どもに迷惑をかけないための授業”を行う。

17歳で俳優デビュー、映画『家族ゲーム』やドラマ『半沢直樹』などで活躍し、今年で芸歴34年目になる宮川先生。
プライベートでは12年前、15年連れ添った妻と離婚。当時14歳と12歳という思春期真っ只中の娘2人を引き取ってシングルファーザーとなった。
宮川先生は、娘たちとの確執に苦しみながらも孤軍奮闘した苦労の数々を授業で吐露。さらに、オファーゼロ、収入ゼロの時期があり、“生活に困って娘の学資保険を使い込んでしまう”というしくじりをやらかしていた事実を告白する。
さらにシングルファーザーになると待ち受けている“4大落とし穴”を発表。そして最後は、自身のしくじりを経て気づいたことを真摯に語る。

しくじり先生『宮川一朗太』は、5月21日夜9:58〜11:05にテレビ朝日で放送される。

【出演】
担任:若林正恭(オードリー)
しくじり先生:宮川一朗太
生徒:吉村 崇(平成ノブシコブシ)、あき竹城、伊藤萌々香、大和田獏、高田万由子[※]、橋本直(銀シャリ)、舟山久美子

[※]高田万由子の「高」は正しくは「はしご高」

(C)テレビ朝日

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP