老々介護の果てに…そして、ついに明かされる黒幕の正体!剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話 (c)テレビ朝日・MMJ
画像を拡大して見る

女囚7人の壮絶なプリズン・サバイバル…! 剛力彩芽主演テレビ朝日系列ドラマ「女囚セブン」。5月19日(金)よる11:15に放送される第5話は、ついに謎のボスが行動開始! 老老介護で夫を殺したうめの背景を聞いた琴音は…。

“仲間の芸妓を殺した芸妓”として刑務所に収監された神渡琴音(剛力彩芽)。だが琴音は、冤罪だった。無実を証明するために刑務所にやってきた琴音を待っていたのは、共同室のアクが強い女囚たちだった。
琴音の素性を探る謎のボスの圧力により、女刑務官の百目鬼幸子(宍戸美和公)は琴音と同じ共同室の坂本奈津(安達祐実)や津田桜子(平岩紙)、市川沙羅(トリンドル玲奈)、矢島千鶴香(橋本マナミ)らを一人一人脅して味方につけ、殺人事件の真相を聞き出そうとした。だが、琴音は上手くはぐらかし逆にそれぞれが刑務所に入った本当の理由や本心を言い当て、ノックアウトしていく。琴音の真の目的は…?
剛力彩芽が京言葉で捲し立てていく様子は必見です!

謎のボスが動き始める…

剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話 場面1 (C)テレビ朝日・MMJ

百目鬼が口を滑らせたことにより、“黒革の手帳”が自身の冤罪事件に深く関わっていることに確信を持った琴音。
殺された芸妓・雪乃(寺川里奈)が死ぬ前に話していた“黒革の手帳の一番上に書かれている名前の人物が犯人”という発言にも思いを巡らす。
そして、なかなか琴音から情報を聞き出せない百目鬼に代わって、謎のボスがいよいよ動き始める…!

更生プログラムの強化週間開始

花園女子刑務所では「被害者の気持ちを知ることによって再犯を防ごう」という趣旨のもと、更生プログラムの強化週間がスタート。
犯罪被害者の体験談を聞いたり、「オレオレ詐欺」の犯人役・被害者役に分かれての実演講習などをしていくという。
イヤイヤ面倒くさそうに取り組む女囚たちの中、平塚うめ(木野花)だけは珍しく講習に前向きな様子。
琴音は、うめが老老介護の末に夫と義姉を殺害するに至った背景を聞き、うめのことを気にかける。さらに、次なる刺客にも警戒していた。
その一方で、うめの不可解な言動がますますエスカレートしているような様子もあり、同じ206号室の女囚たちは心配する。

剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話 場面2 (C)テレビ朝日・MMJ

うめの発言で一同パニック

そんな中、うめの衝撃的なひと言で一同騒然となる。なんと、夫と義姉だけではなく「もうひとり殺した」というのだ! 
奈津らは刑務官たちにバレぬよう、必死にうめの発言を誤魔化し守ろうとするが…。

一方、琴音の育て親である女将・一条涼(梶芽衣子)は置屋の玄関先に正体不明の大金が置かれているのを見つける。
黒革の手帳に関係する人物の仕業だと察し、覚悟の表情を見せる涼。

そしてついに、琴音を冤罪事件に追い込んだ黒幕の正体が明らかに…!

第5話は、5月19日(金)よる11:15放送

琴音VS老老介護で夫を殺した最高齢・うめ! ついに黒幕の正体が明らかとなる…。
第5話はテレビ朝日系列で5月19日(金)よる11:15放送。

「女囚セブン」 公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/joshu-7/

見逃し配信とあわせて、お楽しみください。

女囚セブン

テレビドラマ 国内ドラマ コメディ

製作年:2017年

腐った社会に、反撃だ。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP