地下鉄・爆弾・カルト教団…無差別テロ犯を追う!小栗旬×西島秀俊「CRISIS」第6話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第6話より(1) (c)関西テレビ
画像を拡大して見る

日本を震撼させた、あの事件が頭をよぎる!? 小栗旬×西島秀俊主演、日本を襲う規格外の事件に立ち向かう男たちを描く骨太なアクションエンターテインメントドラマ。フジテレビ系列ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」。5月16日(火)よる9時に放送される第6話は、まさしく25年前に実際に起きた"地下鉄サリン事件"を彷彿させるようなワードが飛び交うなか、特捜班が逃亡犯の新たな計画の阻止に挑みます!

前回の第5話では、田丸三郎(西島秀俊)が自分の過去の経験を生かして、潜入捜査で冷静な判断力を失った稲見朗(小栗旬)を救うという、2人の揺るぎない絆が描かれました。
今回放送の第6話は、あることから田丸が何か隠しているのではないか…と感じた稲見が、その気持ちを正面から田丸にぶつけます。

新たなテロ計画の始まりか…!?

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こした容疑で全国に指名手配されている里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現します。里見が再びテロを計画しているのではないかと考える警察は、里見逮捕に向け総力を挙げて捜査を進めます。警備局長・鍛治大輝(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられます。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が…。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かいます。

ホームセンターでの攻防戦、これは見逃せません!

特捜班のオフィスでは、大山玲(新木優子)がネット上にトラップを仕掛け、早くも里見のアジトを割り出していました。吉永光成(田中哲司)から指示を受けた稲見と田丸は、早速現場へ急行し、車でアジトを出た里見らの追跡を開始。その動きを察知した里見らは、巨大なホームセンターへと逃げ込みます。追いかける稲見と田丸の前に、里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げます。

その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまいます。里見のあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚える稲見…。
そして「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかけ…!?

第6話は、5月16日(火)よる9時から放送

稲見が感じた違和感は、田丸の過去と関係しているのか!?
第6話は、フジテレビ系列で5月16日(火)よる9時から放送。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」公式サイト
http://www.ktv.jp/crisis/index.html

見逃し配信とあわせて、お楽しみください。

  • 1

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP