初恋の相手に送る手紙に込められたある想い… 多部未華子主演「ツバキ文具店」第4話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

多部未華子主演「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」第4話 (c)NHK
画像を拡大して見る

多部未華子が主演を務めるNHKドラマ10「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」。5月5日(金)よる10時から放送される第4話では、祖母の後を継ぎ、代筆屋となった主人公の鳩子の元に、初恋で幼馴染の元恋人に、手紙を送りたいという男性が現れる。登場人物が個性的で魅力的で人間味触れるこのドラマ。このGWに原作の小川糸著「ツバキ文具店」片手に、静かに鎌倉を旅したくなる、そんな心温まるすてきなドラマだ。

第4話あらすじ

多部未華子主演「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」第4話 場面1 (C)NHK

ポッポこと雨宮鳩子(多部未華子)は、祖母・雨宮カシ子(倍賞美津子)が営んでいた「ツバキ文具店」を継ぎ、祖母の本業であった代筆屋として仕事を始める。

そんな新米の代筆屋・鳩子の元にやってきたのは、園田薫(川口覚)という男性。
昔の別れた恋人に、ただ自分が元気であるということを伝える手紙を書いて欲しいと鳩子は依頼を受ける。

園田も、元恋人の桜(桜川博子)も、結婚しており子どももいる。
初恋の相手で幼馴染だという桜に、なぜ今になってそんな手紙を園田は送ろうとするのか?
鳩子の中に疑問が残る。

そして、パンを焼くのが得意な小学校の教師(ティーチャー)であることから、パンティーと呼ばれている楠帆子(片瀬那奈)から不倫の片棒を担ぐことになるから代筆はやめておいたほうがいいと言われ悩む鳩子。
そんなパンティーは、高台に住むお金持ちと噂される男爵(奥田瑛二)のことが好きになり猛烈にアピールする。

多部未華子主演「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」第4話 場面2 (C)NHK

一方鳩子は、はーたんこと守景陽菜(新津ちせ)からもらうかわいい手紙にいつも癒されていた。
はーたんの父親で、ツバキ文具店の近くの「むぎカフェ」の店長・守景蜜朗(上地雄輔)とも親密になってゆく鳩子。

人生の幸せとは何か?
ツバキ文具店に関わる人々の気持ちに寄り添いながら、鳩子は園田の手紙に取り組んでゆく。
しかし、園田の手紙には意外な結末が待っていた…!

第4話は、5月5日(金)よる10時から放送。

NHKドラマ10「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」。
鳩子の元に、昔の彼女へ贈る手紙の代書依頼が舞い込む。
お互い結婚し子どももいる今、なぜ元恋人の元へ手紙を送ろうとするのか?
鳩子はただ相手の女性の幸せを願う依頼者の気持ちを代筆しようとするのだが…。
第4話は、5月5日(金)よる10時から放送。

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」公式HP
http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP