武田玲奈が下着で野田洋次郎を誘惑!5人の美女達との共同生活は絶賛不条理中 「100万円の女たち」第4話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

野田洋次郎(RADWIMPS)主演「100万円の女たち」第4話 (c)青野春秋・小学館/「100万円の女たち」製作委員会
画像を拡大して見る

5人の女たちとの生活は絶賛不条理中! 野田洋次郎(RADWIMPS)主演、テレビ東京系列ドラマ「100万円の女たち」。5月4日(木)深夜1時に放送される第4話は、唯一の未成年、鈴村みどり(武田玲奈)の事情がわかる。

前回の第3話で、純粋生真面目女子高生・みどりが道間慎(野田洋次郎)を誘惑してきた…!? 今回放送の第4話…いったいどうなった? 一体どうなってる?

野田洋次郎(RADWIMPS)主演「100万円の女たち」第4話 場面1 (C)青野春秋・小学館/「100万円の女たち」製作委員会

また1人、軽蔑を抱かれる

野田洋次郎(RADWIMPS)主演「100万円の女たち」第4話 場面2 (C)青野春秋・小学館/「100万円の女たち」製作委員会

前回、白川美波(福島リラ)とキスしたことでみどりから軽蔑を買ってしまったと思われたが、その結果、みどりは下着で慎を誘うという暴挙に出た。
むむ…好きなの? そうなの? その様子を廊下から伺っていた塚本ひとみ(松井玲奈)。うわー、見られてたとなると、これはもう針のむしろだなあ。
当然ひとみは慎に対して冷たくあたるようになる。誘ったのはみどりなんだけど…これはルールをピシッと守って、部屋に呼び出されても「降りておいで」と言わない慎が悪い。うん、悪い。ところでみどりの純情は守られたのだろうか。

そして、また1人正体が明らかになる

野田洋次郎(RADWIMPS)主演「100万円の女たち」第4話 場面3 (C)青野春秋・小学館/「100万円の女たち」製作委員会

そもそも、みどりはなぜ17歳なのに毎月100万円もの家賃を払えるのか?
つきまとう兄(吉村界人)は一体何をしている者なのか? なぜみどりは金持ちで、兄は違うのか。みどりの生い立ちが明らかになる…予告で小林佑希(我妻三輪子)がつぶやいた言葉がとても事務的で空恐ろしい空気を含んでいた。「その男、排除しちゃいましょう」あれは、兄のことだったのだろうか…。

第4話は、5月4日(木)深夜1時から放送

みどりの謎が解ける第4話は、テレビ東京系列で5月4日(木)深夜1時から放送。

青野春秋の原作「100万円の女たち」(小学館)、コトリンゴの主題歌「漂う感情」とあわせて、お楽しみください。

「100万円の女たち」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/100man/

100万円の女たち

◆あらすじ◆売れない小説家、道間 慎。彼は5人の女たちと一緒に暮らしている。女たちは毎月、彼に100...

試し読み

605円/巻

漂う感情

シングル

テレビ東京(ほか、Netflix、BSジャパン)・木ドラ25「100万円の女たち」主題歌


試聴する
停止する

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP