綾野剛の絶妙な隠れっぷりにファン困惑「難しいー!!」ドラマ「フランケンシュタインの恋」公式インスタグラムが話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フランケンシュタインの恋」公式Instagramにアップされた綾野剛の“かくれんぼ”画像 (c)NTV
画像を拡大して見る

日本テレビ系日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」[2017年4月23日 22時スタート]の公式Instagramに、主演の綾野剛が“かくれんぼ”をする様子が公開され、反響を呼んでいる。

番組公式Instagramでは、「稲庭工務店の居間。また僕はどこかにいるんです。」とのコメント付きで、“かくれんぼ”シリーズ?の第2弾を公開。綾野の絶妙な隠れっぷりを収めた写真に、ファンからは「難しいー!!」「ヒントください!w」「怪物と言うより、幽霊。心霊写真のようです」などの感想が寄せられている。さらに、4月21日(金)の電波ジャックの様子も続々と公開中。ドラマの放送を心待ちにしている人はチェックをお忘れなく。

また、今作で物語のカギを握るDJ“天草純平”を演じる新井浩文が、天草の担当するお悩み相談のジングル「あまくさソング」を歌うことも決定した。新井といえば、ドラマ「ど根性ガエル」でゴリライモとして披露した歌声が注目され話題に。作詞を今作脚本の大森寿美男、作曲をサキタハヂメが担当する「あまくさソング」は、4月21日(金)24:59〜25:29に放送の「フランケンシュタインの恋」PR番組で初披露される。

120年、森の奥で孤独に生きていた怪物(綾野剛)が、唯一“世界”を知る術であったラジオ。特にジングルを口ずさむほどお気に入りのコーナーこそ、天草が担当するお悩み相談であり、物語は、この天草のラジオをきっかけに思いもよらない展開へ動き出す…。このたびの「あまくさソング」の歌唱について、天草純平役の新井浩文は「デビューシングル「ゴリラパンのうた」のゴリライモには、絶対負けたくないです」とコメントしている。

全世界が知るホラーの原点・フランケンシュタインを現代の日本を舞台に蘇らせた、笑いと涙と切なさ溢れるラブストーリーが展開する、日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」。番組内容の詳細ならびに続報が気になる人は、公式サイトのチェックをお忘れなく。

■「フランケンシュタインの恋」番組公式Instagra

https://www.instagram.com/franken_koi/

■「フランケンシュタインの恋」

日本テレビ4月期日曜ドラマ 2017年4月23日 22時スタート

<イントロダクション>
怪物として生を受けた男。その体は、ある秘密を抱えた、危険な肉体。
怪物は、人間とは一緒に生きてはゆけないと、姿を消した。
それから約100年後。2017年の日本。怪物は生きていた。

森の奥で。ひっそりと。静かに。息をひそめ。孤独に。
永遠の命を持ち、人間とは懸け離れた肉体、パワーを持つ、怪物。
しかし、その心は、誰よりも人間。
無理なこととわかっていながら、「人間」として暮らせる日を夢見ている。
ラジオから流れる「人間の世界」に聞き耳を立て、人間が捨てた品々を拾い集めては、「人間の生活」に想いを馳せ、人間に憧れる。

怪物は、ユニークで、キュートで、優しくて…、その心は、誰よりも人間である。

そんなある日。ひとりの若い女性・津軽さんと出会う。
怪物は苦悩する。人間と会いたくない。
怖い。とても怖い。こんな自分を受け入れてくれるはずがない。
しかし、人間と会いたい、話したい、笑いあいたい。

そして、怪物は、人間に恋をした。

しかしそれは、かなわぬ思い。
なぜなら怪物の体にはある秘密があり、怪物は人間に触れることができないのだ。
人間に触れてしまうと…。

触れたいけど傷つけたくない、好かれたいけど嫌われたくない…。
測りがたく、縮まりがたい距離が露わになっていき、関わることで抱き始めた、
人間への“温かい感情”が、やがて怪物を苦しめていくことになる…。

この物語は——————————
哀しき怪物が、人間に恋して恋して、愛して愛して、愛しきる。そして、それに翻弄され、心を揺らし、懸命に生きる人間たちの、切なくもおかしな、笑いと涙、そして、大きな愛のものがたり。

番組公式HP⇒http://www.ntv.co.jp/frankenstein_koi/
番組公式Instagram⇒franken_koi
番組公式twitter⇒franken_koi

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP