殺し屋との攻防戦でアクション炸裂! 小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 (c)関西テレビ
画像を拡大して見る

日本を襲う規格外の事件に立ち向かう男たちを描く骨太なアクションエンターテインメント! 小栗旬×西島秀俊主演、フジテレビ系列ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」。4月18日(火)よる9時にフジテレビ系で放送される第2話は、特捜班の田丸三郎(西島秀俊)の目の前でジャーナリストが毒殺され、遺された手掛かりを頼りに特捜班が動き出します。ところが、田丸の捜査を邪魔するかのように殺し屋が証拠を隠滅しようと動き回り、息つく暇もない激しい攻防戦が展開されます。

前回の第1話では、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)から任を受けた稲見朗(小栗旬)、田丸らの特捜班が、テロリストの標的となった外務大臣の息子を無事に救出。ですが、事件は大学生のイタズラだったと報道され、真相はもみ消されてしまいました…。
今回放送の第2話は、特捜班がジャーナリスト毒殺事件の捜査を進めることに。ジャーナリストが自身の身の危険を感じていたことがわかり、さらにこの1件に政府が関与しているという可能性が出てきます!

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面1 (c)関西テレビ

身の危険を冒してまで、告発したかったこととは!?

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面2 (c)関西テレビ

ある日、田丸は外事警察時代に知り合ったフリージャーナリストの男から、「国家の危機に関することで話がある」と連絡を受け、会う約束を交わします。
待ち合わせ場所に現れた男は、田丸の目の前で何者かに毒物を注射され、口から泡を噴いて絶命します。男は事前に、田丸にある1枚の写真を送っており、死ぬ間際に「アリス」という謎の言葉を遺します。

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面3 (c)関西テレビ

特捜班のメンバーが、またまたスキルの高さを発揮!

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面4 (c)関西テレビ

その写真には、ごく普通の一軒家が写っていました。班長の吉永光成(田中哲司)は、樫井勇輔(野間口徹)と大山玲(新木優子)に写っている家の特定を急がせ、田丸と稲見には殺された男の自宅を捜索するよう指示します。稲見に見張りを任せ、単独で部屋へ入った田丸は、男の遺品を持ち去ろうとしていた侵入者と鉢合わせし、一瞬の隙をつかれて取り逃がしてしまいます。
田丸の異変に気付いて駆けつけた稲見は、侵入していた男が殺し屋だと察知し、激しい攻防戦を繰り広げます!

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面5 (c)関西テレビ

見えざる不穏な権力の存在…

小栗旬×西島秀俊「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第2話 場面6 (c)関西テレビ

何者かがジャーナリストの死因を隠ぺいしようとしていることから、特捜班は今回の1件に政府が関与していると睨みます。
そして、ようやく写真に写っていた家を見つけ出しますが、人が住んでいる気配がありません。不審に思った吉永が近所の住民に話を聞いてみると、住んでいた家族は数日前に突然引っ越したことが分かり…。

第2話は、4月18日(火)よる9時から放送

石黒賢がゲスト出演。ジャーナリストが遺した1枚の写真と、「アリス」という言葉が意味することとは!?
第2話は、フジテレビ系で4月18日(火)よる9時から放送。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」公式サイト
http://www.ktv.jp/crisis/index.html

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP