福田麻由子「私たちの恥ずかしいところを見て」、劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』への意気込み語る (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』でヒロイン・ジュリア役を務める福田麻由子
画像を拡大して見る

劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』[2017年4月20日(木)〜23日(日)横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール]にて、ヒロイン・ジュリア役を務める福田麻由子と、作・演出を担当する加藤拓也が、作品への意気込みを語った。

昭和歌謡曲の名曲「ジュリアに傷心」をモチーフとする同公演は、恋人や結婚といった“約束を交わす前の好きの時間”をテーマに、時代によって変化し続ける男女の価値観のぶつかり合いを描いた“純粋恋愛作”。主役を藤原季節、ヒロイン役を福田麻由子がそれぞれ務め、作・演出を加藤拓也(舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬こっちを向いて。』等)が手掛ける。

現在、チケットが一般発売中となっているので、気になる人は公演HPのチェックをお忘れなく。

■『まゆをひそめて、僕を笑って』ヒロイン・福田麻由子×作演出・加藤拓也インタビュー

【いつもと逆のイメージの役をやってほしい】

——福田さんは約四年ぶり舞台出演ですが、オファーをどう受け止めたのでしょうか?

福田:ずっと舞台をやりたかったので凄いうれしくて。しかも、がっつり恋愛を軸にした話じゃないですか。
加藤:うん。
福田:それに、ジュリアっていう役が、なんで私に?みたいな役柄だったから。あの役を私にということが、ああきっと私自身に興味を持ってくれているんだろうなっていう感覚がして、それがうれしかったです。

——加藤さんは、ヒロインの福田さんと初タッグを組むわけですが、福田さんに対する印象はどのようなものを持っていますか?

加藤:印象は、真面目っていうか…芯がかたくて、そうだな…中身の年齢が大きいという印象。
福田:(笑)
加藤:ほら、子役からずーっといろんな大人にしごかれて、いろんな現場を経験してきてるから。良くも悪くもジュリアっていう役のふらついてそうでふらついてないみたいな、芯のかたさみたいなのは体現できるかなって思ってて。あの役は・・・結構ふらついてそうに見えるけど、芯の強さがある。それが、福田さんに見れていいかなと。
実は、一番最初は別の作品で声をかけていて、その時はスケジュール的にダメっていうことで、その後もずっとずっと一緒にやろうとしつこく、こう・・・いつもの福田さんと、すごく逆のイメージの役をやって欲しいなっていうのが自分の中であって、事務所にしつこく電話してたら、いいよって言ってくれたっていう。・・・めっちゃうれしかった。
福田:私としてはありがたいことです。
加藤:それで、一度舞台を見に来てもらって、って感じだよね。

ヒロイン・ジュリア役の福田麻由子と、作・演出を担当する加藤拓也

【俳優を信じたい】

——福田さんは、今回台本を読んで見てどのように受け止められましたか?

福田:最初読んだときは、面白そうだなって思いました。理由が、一つは単純に作品が面白かったっていうこと。もう一つは、セリフが・・・もちろんキーになるワードはあるにしても、なんか・・・誰も全然良いこと言わないなって思って。
加藤:(笑)
福田:舞台でもドラマでも嫌な奴がいても結局、なんかちょっと教訓めいたこと言ったりするじゃないですか。あの場面が彼女の本心が表れてたよね〜、みたいな。
でもこれは、誰も良いこと言わないんだなっていうのが、私はすごい面白くて、そういうことを守ってないなって。
だからこそ、ちゃんと芝居しないとなんてことなく終わっちゃうから、すごいこれハードル高いぞ!って思った。加藤さんにお会いする前だったけど、芝居がこの人好きなんだろうなって。役者の力にすごい委ねている脚本で、ワクワクして・・・今までにない感じだなあって。
加藤:俳優を信じたいというのはあるよね。押しつけがましいのは嫌いやから、本に、「生きることはすごい良い。」みたいな書いてあるの見るとすごい恥ずかしくなってくる。なんか根底にあるテーマをもう少し隠したいというか。照れ屋さんなんだな。

【怒るには痛みの原因を探さなあかん】

——加藤さんは、どういった想いで脚本を作っていったのでしょうか?

加藤:今の恋愛観に対してすごい疑問があったから、最初はこう、「くっそ〜〜、女憎い〜〜、ふざけんな〜おいふざけんな〜〜女女女〜〜〜」っていう思いが根底にあって。
俺、怒ると痛みはイコールやと思てるから、怒るには痛みの原因を探さなあかんから、痛いところ探すっていうので。じゃあ、俺これ痛いんだっていうのをいつか笑い話にしたいし、自分も笑えるようになりたいから。
根底に憎しみがあって、そこから憎しみを引き、残して、それを笑えるようにしたいっていうのを考えながら書いた・・・・のかもしれない。
福田:し、そうじゃないかもしれない。
加藤:そう。
二人:(笑)

加藤拓也

【自分の中でむかつくけどいい女、いや、いい女やからむかつくみたいな】

——福田さん演じるジュリアは、どういう想いで作り上げた人物ですか?

加藤:すごくいい女、すごくいい女だと思って書いてる。芯があるから。すごいなんか自分の中でむかつくけどいい女、いや、いい女やからむかつくみたいな。脚本が男目線やん、それが、すごく悪く見せてるけど、でも芯としてはいい女。

——福田さんは、どんな風に役を演じてみたいですか?

福田:描かれている部分は、セイヤ(藤原季節演じる主人公)とジュリアの二人で云々ってなっているから、ジュリアの弱い部分とか、ジュリアのつじつま合わない部分とかあるけど、なんでそんな感じなのにセイヤは付き合っているのかな?ってことを考えたときに、ジュリアは普段はちゃんと生きている人なんだろうなと思ったんです。仕事に対してとか、一個一個ちゃんと生きている。だからこそセイヤはジュリアのだめなところも受け入れられるのかなと。自分の人生に希望を持って生きている感じの子にしたいと思っています。

次ページ:【どこまで恥ずかしいことできるかな?】>

<<

<

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP