ジャニーズWEST・重岡が大根を触っただけで悩ましい喘ぎ声!? 初めて味わう不思議体験に仰天『ナミノリ!ジェニー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ナミノリ!ジェニー』触ると喘ぐ大根?市原えつこさんの不思議な発明品に重岡大毅が目を白黒させる。 (c)MBS
画像を拡大して見る

ジャニーズWESTのメンバーたちが、ある特定分野に全フリ(=全てをかけて没頭していること)している同世代の若きジェニー(天才)たちに密着。さまざまな業界の常識を根底から覆す彼らの仕事場やプライベートの現場を取材し、その仕事へのこだわりや熱き視点を浮き彫りにする番組『ナミノリ!ジェニー』。2月17日(金) 深夜 0:20〜1:20放送の回では、全米ナンバーワンのケーキデザイナー・鈴木ありささんを中間淳太が、<触ると喘ぐ大根>で一躍話題になったメディアアーティスト・市原えつこさんを重岡大毅が訪ねる。

中間が訪れた鈴木ありささんは、これまでにオバマ前大統領やヴィクトリア・ベッカムのパーティー用ケーキのデザインを手がけ、あのレディー・ガガも絶賛したという超一流のケーキデザイナーだ。大学を中退して単身渡米し、<料理界のハーバード大学>と言われるCIA(カイナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)という超難関料理学校に入学した鈴木さん。当初は言葉もままならない中、軍隊さながらの厳しい訓練に耐え、なんと在学中に、プロも集うアメリカ最大の料理コンペで日本人として初めて優勝。全米ナンバーワンの実力をもつに至った。本物と見まごうようなバラのつぼみや桜の花びらを、食べられる材料だけで作り上げる繊細な技と、大胆なアイディアの秘密に中間が迫る。

一方、重岡は、メディアアーティスト・市原えつこさんを訪ねて渋谷のラボへ。そこに並んだ大根に触れると、なんとも悩ましい喘ぎ声をあげる。市原さん曰く「日本人の心には伝統的に物をセクシーに感じるような、奥ゆかしいエロティシズムがある。それをデジタルアートとして表現した」。ほかにも死後49日間だけ、亡くなった人の魂を再現するという「デジタル・シャーマン」など、市原さんの作品は一見すると突飛だが、実際に触れてみると心の深いところが揺さぶれられる。その不思議な体験に重岡も「何、この感じ!」とびっくり。「日本人の心の奥底にある信仰心や感性を、誰にでも分かるデジタルアートの形で表現することで、呼び覚ましたい」という市原さんの創作の現場を拝見する。

この『ナミノリ!ジェニー』は2月17日(金) 深夜0:20〜1:20、MBS毎日放送にてオンエアされる。

■ナミノリ!ジェニー公式サイト
http://www.mbs.jp/naminori-junny/

(C)MBS

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP