新垣結衣(「逃げるは恥だが役に立つ」)がドラマアワードで主演女優賞受賞「とても大きな力に守られた3ヶ月でした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』主演女優賞を受賞した新垣結衣 (C)LesPros entertainment.Co.,Ltd.
画像を拡大して見る

オリコンが質の高いドラマを表彰する“第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』”の各賞が発表され、主演女優賞を新垣結衣(「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS系)が受賞したことが明らかになった。

『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』は、株式会社oricon ME発行の週刊エンタテインメントビジネス誌「コンフィデンス」主催のもと、主な国内ドラマを対象に有識者と視聴者が共に支持する“質の高いドラマ”を表彰するもの。審査対象は2016年10月期の主な地上波ドラマの計24作品で、「オリコン・モニターリサーチ」の登録者を対象とした視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)の意見をもとに、2017年1月6日に開催された審査会で各賞が決定した。

主演女優賞は、「逃げるは恥だが役に立つ」にて、高学歴だが就職活動に失敗し、35歳で恋愛経験のないサラリーマンと契約結婚をした主人公・森山みくり役の新垣結衣が受賞。星野源演じる契約夫・津崎平匡と徐々に深まっていく恋愛模様に、視聴者からは「文句なしに魅力全開で良かった」(40代女性/千葉)などの絶賛コメントが相次いだほか、働くことに対し貪欲に対価を求めるキャラクターへの共感や、「理路整然と話すところも良い」(50代女性/大阪)とのコメントも多数見受けられた。

また、審査員からは「単に“ガッキーかわいい”では終わらず、後半で“好きの搾取”、“愛情の搾取”と平匡とのズレを際立たせるなど、芯の通った部分の演技もみくりという人物像に深みを持たせていた」(三品貴志[産経新聞 文化部 記者])、「この作品でコメディエンヌの才能を開花させ、日本を代表する女優さんの一人になりました。海外でもますます人気が高まっていくと思う」(佐藤智恵[作家/コンサルタント])など、新垣を高く評価する声が寄せられた。

主演女優賞受賞を受けて、新垣結衣は「心から信頼できるスタッフさんやキャストの皆さんに囲まれ作品の力で頂くことができた賞だと、いま撮影中を振り返り改めて感じています。人や時代やドラマに関わる全てのパズルのピースがパチっとはまったような、とても大きな力に守られた3ヶ月でした」とコメントしている。

なお、第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』では、「逃げるは恥だが役に立つ」が圧倒的支持を獲得し、発表7部門中6部門を独占[作品賞・主演女優賞(新垣結衣)・助演男優賞(星野源)・助演女優賞(石田ゆり子)・脚本賞(野木亜紀子)・新人賞(大谷亮平)]する結果に。詳細については、公式サイトを参照されたい。

(C)LesPros entertainment.Co.,Ltd.

■主演女優賞受賞・新垣結衣(「逃げるは恥だが役に立つ」)コメント

昨年に続き、またこのような素敵なドラマに携われた事、そしてそれをたくさんの方に楽しんでいただけた事を本当に嬉しく思います。
心から信頼できるスタッフさんやキャストの皆さんに囲まれ作品の力で頂くことができた賞だと、いま撮影中を振り返り改めて感じています。
人や時代やドラマに関わる全てのパズルのピースがパチっとはまったような、とても大きな力に守られた3ヶ月でした。
それは当たり前ではなく、そんな作品に出会えた事、ドラマを通じて見てくださった皆さんの心に寄り添う事ができた事がとても嬉しく本当に感謝しています。
これからもその気持ちを忘れずに日々過ごしていきたいと思います。
ありがとうございました。

■第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』

http://confidence-award.jp/

■火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

テレビドラマ 国内ドラマ コメディ 社会派 恋愛/ロマンス

製作年:2016年

新垣結衣主演の新感覚の社会派ラブコメディ!

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP