「開運!大谷翔平の2017年を大予言!」ブラマヨが北海道へ…大谷の将来の夢&恋愛観を暴く『プロ野球NO.1決定戦!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダイワハウススペシャル プロ野球NO.1決定戦!バトルスタジアム』ブラックマヨネーズ、大谷翔平(日本ハム) (c)NTV
画像を拡大して見る

プロ野球12球団の人気選手たちが大阪城ホールに一同に会し、さまざまな競技で競い合う『ダイワハウススペシャル プロ野球NO.1決定戦!バトルスタジアム』が、1月8日(日) ごご1:15 から放送される。

今回で32回目となる『プロ野球NO.1決定戦!』。出場するのは各球団3名ずつ計36名。広島の“神ってる男”鈴木誠也や、2年連続トリプルスリーを達成したヤクルトの山田哲人ら、スター選手が勢ぞろいする。
挑むのは「力・投・守・絆」という、プロ野球選手本来の能力が求められる競技。実況を務めるのは宮根誠司。“競技委員長”のブラマヨ吉田は独自目線の爆笑解説を展開し、アリーナからはブラマヨ・小杉とフリーアナウンサーの川田裕美が選手たちの声をリポートする。

12球団を代表する屈指のスラッガーたちが参加する“力”No.1決定戦「パワー・ザ・プッシュ」は、約50kgのタイヤを押しながら30m先のゴールを目指す競技。広島・鈴木は強気の宣言をして大健闘。16年シーズン日本一に輝いた日本ハム・西川遥輝もやる気満々。スタート前に阪神ファンというゲストの土性から「北條選手を応援したい」といわた阪神・北條史也は「やるしかない!」と奮起する。
競技は途中で前に進まなくなる選手も出るほどハードで、全力を使い果たしゴールした選手たちは、倒れ込んでしばらく起き上がれなくなるほど。決勝では、筋力をフル活用してバーを押し合うガチンコ勝負が展開される。

投手の生命線“コントロール”を競う“投”No.1決定戦「ムービングピッチ」には各球団のエースたちが参戦。動く障害物を避けながら、制限時間内に球場と同じ18.44m先にある的を射抜けるかを競う。
巨人・菅野智之は最初戸惑いを見せていたが、本番では、小杉が呆れる闘志をむき出しする。16年最多勝の広島・野村祐輔も真剣勝負のピッチングを見せる。
勝ち抜いて次のステージが上がると、さらに障害物の数が増えて難易度もアップ。それを見事にクリアしていく投手陣の見事なコントロールの技が披露される。

天井から落下してくるボールをダッシュでキャッチできるかを競う“守”No.1決定戦「カミワザキャッチング」。
4年連続ゴールデングラブ賞の広島・菊池涼介や、トリプルスリー男のヤクルト・山田らが参戦。まずは大学生のデモンストレーターが鮮やかなキャッチを披露し、プロにプレッシャーをかける。選手らは負けじと華麗なダイビングキャッチで身体能力の高さを見せつけるが、思わぬハプニングも飛び出す。

チームの連携が勝負のカギとなる“絆”No.1決定戦では、3人1組で行う“競技玉入れ”「トリプルアジャタ」(予選)や、回転するバーをチーム全員がジャンプし続けるサバイバル対決「クレイジージャンパー」(決勝)で競う。これらの成績から今年の“プロ野球No.1”が決定される。

また、各球団のトーク自慢が集結してプロ野球界の“話芸NO.1”を決定する企画では、ソフトバンク・柳田悠岐、日本ハム・谷元圭介、巨人・内海哲也、阪神・能見篤史らが参戦。話が面白くないと監督役のブラマヨ・吉田の指示で“2軍”行きを命じられ、メンバー交代になる。
トークテーマ“実はプロ野球選手は…”では、広島・丸佳浩が、サヨナラヒットでチームが勝利し、選手たちがペットボトルの水をかけあって喜びに盛り上がっていたとき、一人だけとんでもないもので水をぶちまけ、大ひんしゅくを買った爆笑の失敗談を披露。
埼玉西武の森友哉は「実は香水をつけて試合に出る選手が多い」と明かすが、選手のニオイにまつわる発言に、吉田から「試合に集中せえ!」と叱責される。

そして『ミセテ屋』では、『情報ライブ ミヤネ屋』の名タッグ、宮根&川田コンビが復活。ゲストの石井一久と共に選手の楽屋へ突撃し、私物をチェックする。
広島のある選手は、高級ブランド財布の中身を暴かれて焦りまくる。中にはなんと69万円も入っており、宮根は「夢あるなぁ」とため息をつく。一方、日本ハム・西川のスマホの写真の中に発見したのは、なぜかジャイアンツのユニフォームを着た本人の写真。宮根は「もしかしてジャイアンツに行こうと思ってるんちゃうの?」と、FA疑惑をかける。

そのほか、「開運!大谷翔平の2017年を大予言!」では、ブラマヨがユニークな占いで知られる婆羅門ら占い師を引き連れ、日本ハム・大谷を占うため北海道へ。地元で有名な占い師・波木星龍は、江戸時代に流行した「墨色一の字占い」で占う。大谷の野球運、恋愛運などから、将来の夢や、恋愛観を暴いていく。

MC:宮根誠司、ブラックマヨネーズ、川田裕美
解説:山本昌(元中日)、山崎武司(元中日・オリックス・楽天)、赤星憲広(元阪神)
企画ゲスト:石井一久(元ヤクルト・ドジャース・メッツ・西武)
スペシャルゲスト:登坂絵莉、土性沙羅(ともにリオ五輪女子レスリング金メダリスト)
競技アシスタント:石塚朱莉・井尻晏菜・小嶋花梨・林萌々香・堀詩音(NMB48)
プロ野球選手:鈴木誠也(広島)、菅野智之(巨人)、能見篤史(阪神)、山田哲人(ヤクルト)、大野雄大(中日)、有原航平(日本ハム)、柳田悠岐(ソフトバンク)、清田育宏(千葉ロッテ)、森友哉(埼玉西武)、銀次(東北楽天)、T-岡 田(オリックス)ほか
スペシャルコーナー出演:大谷翔平(日本ハム)

『ダイワハウススペシャル プロ野球NO.1決定戦!バトルスタジアム』は、1月8日(日) ごご1:15 〜3:10 、読売テレビ・日本テレビ系列にて放送される。

【収録を終えて】

宮根「今回、僕は実況として珍しくアナウンサーらしいことをやっています(笑)。川田さんとは久々の共演で楽しかったです」

川田「宮根さんがアナウンサーらしい仕事をしているところを初めて見ました(笑)」

ブラマヨ・小杉「大谷選手との対談という緊張の体験もありましたので、ぜひ見てほしいですね」

ブラマヨ・吉田「一昨年に山田選手がトークでMVPを獲ってからトリプルスリー人生が始まったんですよ!」

公式HP
http://www.ytv.co.jp/battle_stadium/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP