柄本祐主演「スクラップ・アンド・ビルド」あらすじ、芥川賞受賞作品をドラマ化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

柄本祐主演「スクラップ・アンド・ビルド」 上から田中昭一(山谷初男)、田中健斗(柄本佑)。 長い階段にて。祖父・昭一を背負い、息を切らしながら階段を昇る健斗。 (c)NHK
画像を拡大して見る

羽田圭介の著書、第153回芥川賞受賞作品の「スクラップ・アンド・ビルド」を、柄本祐(えもと・たすく)主演でNHKがドラマ化。12月17日(土)夜9時からNHK総合で放送される。この物語は、高齢化の一途をたどる現代日本の、介護する側とされる側を一味違った角度から描いている。芥川賞作品をNHKがどう映像化するのか。そこも本作の見どころだろう。

主人公の健斗(柄本祐)は、勤めていた会社を辞め、資格試験の勉強をしながら転職活動に勤しむ日々を送っている、28歳の無職。母親(浅茅陽子)と、要介護の祖父(山谷初男)と同居している。87歳になる祖父は、大きな病気はしていないが、体が思うようには動かず、「もう死んだほうがよか」という言葉が何かと口をついて出る。

健斗の思い

柄本祐主演「スクラップ・アンド・ビルド」場面1 左から田中健斗(柄本佑)、大西大輔(浅香航大)。 カフェにて。大輔から介護の仕事について聞く健斗。 (C) NHK

健斗は祖父の口癖を耳にしているからか、医療技術の発達により、人としての尊厳などなく、ただ生かされているだけのような祖父に、何とも言えない感情を抱く。そんな思いを介護業界で働く友人、大輔(浅香航大)に打ち明ける。

柄本祐主演「スクラップ・アンド・ビルド」場面2 左から三崎楓(秋元才加)、田中健斗(柄本佑)。 ボクシングジムにて。鏡の前でシャドーボクシングをしていた楓に話しかける健斗。 (C) NHK

すると「被介護者を可能な限り手厚く介護することがいちばん効果的なんじゃないか」という助言をうける。「過剰な介護を受けて動かなくなれば、人間、筋肉も脳もいっぺんに衰える」のだと、大輔は健斗に言う。

スクラップ・アンド・ビルド

柄本祐主演「スクラップ・アンド・ビルド」場面3 ボクシングジムにて。鏡の前でシャドーボクシングをしていた三崎楓(秋元才加)に話しかける田中健斗(柄本佑)。 (C) NHK

近年の自立支援的な介護とは逆に、できる限り手厚く介護し弱らせ、祖父に人としての尊厳を持ちながら安らかな死を迎えさせてあげよう。というヘンテコな決意のもと、健斗と祖父の、破壊と再生(スクラップ・アンド・ビルド)の物語が幕を開ける。

土曜ドラマ「スクラップ・アンド・ビルド」は12月17日(土)夜9時から放送

28歳の青年による、スクラップ・アンド・ビルドの物語。土曜ドラマ「スクラップ・アンド・ビルド」は、12月17日(土)夜9時からNHK総合で放される。

NHK「スクラップ・アンド・ビルド」公式サイト
(http://www.nhk.or.jp/dodra/scrapandbuild/)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP