恋も仕事もモヤモヤ!石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話 (c)日本テレビ
画像を拡大して見る

石原さとみ主演、日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。11月9日(水)よる10時から放送される第6話では、超地味〜な校閲部の仕事に励むスーパーポジティブな主人公・河野悦子(こうの・えつこ)が、子供向け小説の校閲を任されることに……!?

前回の第5話では、憧れだった人気スタイリストのファッションエッセイの校閲を担当し、「無駄な仕事などない」ことをあらためて学んだ悦子だったが、今回放送の第6話では、子供向けの小説を校閲! その一方で、順調だった恋は一転。悦子はモヤモヤ悩みはじめてしまって……!?

第6話あらすじ。恋人でもない女性と同居する男って!?

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話 場面1 (c)日本テレビ

想いを寄せるイケメン大学生・折原幸人(菅田将暉)が、ファッション編集部に勤める後輩・森尾登代子(本田翼)と同居していることを知った主人公・河野悦子(石原さとみ)。恋人でもない女性と同居する幸人の感覚が「理解できない」と悩みはじめた悦子は、幸人が「どんな人間なのか?」を確かめるため、尾行することに。すると幸人は、悦子を困惑させる不思議な行動ばかりを重ねて……!?

悦子が子供向けの小説を校閲!

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話 場面2 (c)日本テレビ

そんななか、子供向けの新雑誌「月刊こどものべる」に掲載される小説の校閲を任されることになった悦子。しかし、その小説の文体はひどく難解で、とても子供が理解できる内容とは言えなかった……。

さっそく悦子は、担当編集者・貝塚八郎(青木崇高)に意見するが、貝塚は反発。いつものように、悦子と貝塚は衝突してしまう……。するとそんなとき、ふたりの前に、かつて貝塚が担当していた作家志望の男性・桐谷が現れて……!?

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話 場面3 (c)日本テレビ

一方、「月刊こどものべる」に掲載される予定だった小説は、作者が「作品を引き上げる」と言い出したことで、掲載できなくなってしまって……!?

第6話は、11月9日(水)よる10時より放送

幸人と森尾が同居していることを知った悦子が、こんがらがった恋愛にモヤモヤ悩みながら、子供向け小説の校閲をすることになる次回第6話は、日本テレビ系で11月9日(水)よる10時より放送。ぜひお楽しみください!

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 公式サイト(http://www.ntv.co.jp/jimisugo/)

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

テレビドラマ 国内ドラマ 恋愛/ロマンス ヒューマン

製作年:2016年

地味~な校閲のお仕事に新しい風を巻き起こす!!

12月の雨

シングル

日本テレビ系水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』オープニングテーマ


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP