『幕末☆PRINCE』スマホにWi-Fi…マジプリ新撰組に文明開化が!? あばれる君の西郷隆盛は標準語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAG!C☆PRINCEのコント番組『幕末☆PRINCE』11月7日放送には西郷隆盛役であばれる君が出演 (C)中京テレビ
画像を拡大して見る

東海地区を中心に活動するイケメンアイドルグループ“マジプリ”ことMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)のコント番組『幕末☆PRINCE』(中京テレビ/毎週月曜日深夜25:34〜)。11月7日(月)はゲストにあばれる君を迎え、「本気(マジ)」「西郷どんがやってきた」の2本立てで放送される。

毎週月曜の深夜にシュールな笑いを届けてくれる『幕末☆PRINCE』は、突如現代にタイムスリップした新撰組の志士たちが同じ時代を生きてきた英雄たちと再会し、さまざまな騒動を巻き起こす歴史コント番組。マジプリのメンバーはそれぞれ、平野泰新が近藤勇役、永田薫が土方歳三役、西岡健吾が沖田総司役、阿部周平が斉藤一役、大城光が山南敬助役を務めている。ひょんなことから現代へとタイムスリップしてきた新撰組の5人は、謎のシェアハウスで共同生活をしている。

ついにスマートフォンまで手に入れた沖田総司(西岡健吾)と土方歳三(永田薫)。いっぽう、あばれる君が演じる西郷隆盛は、自分が置かれた状況を理解していないらしい。はたして、今週の顛末やいかに・・・!?

「本気(マジ)」

沖田が「おいしいと評判の店があるんで行きませんか?」と土方を誘う。沖田が店の情報を見せようとスマホを操りはじめると、土方は「実は俺も買ったんだ」と懐からスマホを取り出す。早速、連絡先を交換するふたり。そこに、近藤勇(平野泰新)がやってきて、「俺も買ったぞ!」と自慢げに小型の機械を見せる。スマホより小さいその機械、新選組の面々には何の機械なのかわからない。実は近藤も、自分が買ったものが何なのかわかっていなかった。土方が「それ、Wi-Fiってやつじゃないか?」と推測し、山南敬助(大城光)がWi-Fiについて説明すると、近藤は便利なものを買ったと得意顔。ところが斎藤一(阿部周平)が「それ、Wi-Fiじゃありませんよ」と断言する。
Wi-Fiじゃないとすれば、これはいったい何なのか? そして、このコントのタイトル「本気(マジ)」の意味とは!?

「西郷どんがやってきた」

新撰組の住んでいるシェアハウスに、西郷隆盛(あばれる君)がやってくる。新選組とは初対面だが、すぐに打ち解ける西郷。言葉も鹿児島弁ではなく、標準語をしゃべっている。環境適応力の高い西郷は、こっちに来てまだ1週間だというのに、早くも標準語になってしまったのだ。さらに話を聞いてみると、どうやら西郷は自分がタイムスリップして現代にやってきたことに気づいていない様子。新選組が事実を教えてやると、西郷は激しく動揺する。

マジプリのメンバーが豪華ゲストや事務所の先輩と共演しながらコントに挑戦する『幕末☆PRINCE』。次回の放送は11月7日(月)だ。

(C)中京テレビ

■MAG!C☆PRINCE公式サイト

http://www.magipri.nagoya/

■『幕末☆PRINCE』
毎週月曜日深夜1時34分〜 中京テレビで放送
番組ホームページ http://www.ctv.co.jp/bakupri/

▼3rd Single 「Over The Rainbow」

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP