『幕末☆PRINCE』、マジプリ平野は“渋谷”を正しく言えない?阿部&西岡はザブングル加藤の居酒屋でバイト?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SHIBUYA」にて、リビングでくつろいでいる4人と近藤勇(平野泰新) (c)中京テレビ
画像を拡大して見る

東海地区を中心に活動するイケメンアイドルグループ“マジプリ”ことMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)のコント番組『幕末☆PRINCE』(中京テレビ/毎週月曜日深夜25:34〜)。10月31日(月)は、先週に引き続きゲストにザブングルの加藤歩を迎えて、「SHIBUYA」「面接〜斉藤編〜」「面接〜沖田編〜」の3本立てで放送される。

毎週月曜の深夜にシュールな笑いを届けてくれる『幕末☆PRINCE』は、突如現代にタイムスリップした新撰組の志士たちが同じ時代を生きてきた英雄たちと再会し、さまざまな騒動を巻き起こす歴史コント番組。マジプリのメンバーはそれぞれ、平野泰新が近藤勇役、永田薫が土方歳三役、西岡健吾が沖田総司役、阿部周平が斉藤一役、大城光が山南敬助役を務めている。ひょんなことから現代へとタイムスリップしてきた新撰組の5人は、謎のシェアハウスで共同生活をしている。

前回の放送で、近藤勇(平野泰新)が挑んだ、居酒屋「カッチカチ山」のバイト面接。今回も、ザブングル・加藤歩が演じる店長のもとに、新撰組のメンバーが訪れる。はたして、その顛末やいかに・・・!?

「面接〜斉藤編〜」
斎藤一(阿部周平)が、居酒屋「カッチカチ山」のアルバイトの面接を受ける。履歴書の名前を見た「カッチカチ山」の店長(ザブングル加藤歩)は、あることに気づく「斎藤一って、どっかで聞いたことのある名前だと思ったら・・・」。歴史マニアの店長は、目の前の人物が新選組の斎藤一だと察知したのか!?

「面接〜沖田編〜」
沖田総司(西岡健吾)も、居酒屋「カッチカチ山」のアルバイトの面接を受ける。居酒屋「カッチカチ山」の店長は、沖田を一目見るなり「採用!」と叫ぶ。

「SHIBUYA」
新撰組のメンバー4人がリビングでくつろいでいると、近藤勇が帰ってくる。「渋谷」から帰ってきたという近藤だが、イントネーションがおかしい。「渋谷」を「そば屋」のような言い方で発音しているのだ。土方歳三(永田薫)たちはなんとかして、近藤の「渋谷」を正しい発音に直そうとするのだが・・・。

マジプリのメンバーが豪華ゲストや事務所の先輩と共演しながらコントに挑戦する『幕末☆PRINCE』。次回の放送は10月31日(月)だ。

(C)中京テレビ

■MAG!C☆PRINCE公式サイト
http://www.magipri.nagoya/

■『幕末☆PRINCE』
毎週月曜日深夜1時34分〜 中京テレビで放送
番組ホームページ http://www.ctv.co.jp/bakupri/

◆MAG!C☆PRINCE 「Over The Rainbow」 Music Video Short ver.

▼3rd Single 「Over The Rainbow」(2016年10月5日発売)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP