コメディ映画の祭典「したコメ」開幕、昭和6年生まれの浅香光代に内海桂子「昭和?なんて若いの!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レッドカーペット:「台東区観光大使」…(左から)林家しん平、海老名香葉子、浅香光代、内海桂子、ねづっち、友吉鶴心、いとうせいこう
画像を拡大して見る

いとうせいこうが総合プロデュースを務める、コメディ映画の祭典「第9回したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)(9月16日〜19日)が開幕した。9月17日(土)には、レッドカーペットとオープニングセレモニーが行われ、登壇した多くの豪華ゲストからコメントが届いた。

「したコメ」は、文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられる東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただくというコンセプトのもと、毎年開催されており今年で9回目を迎える。

この日は浅草公会堂前のオレンジ通りにて、総合プロデュースのいとうせいこうをはじめ、浅香光代、海老名香葉子、林家しん平、内海桂子、友吉鶴心、ねづっち、軽部真一アナ、笠井信輔アナ、田中要次、佐藤蛾次郎、田村亮、星由里子、水町レイコ、秋吉久美子など錚々たる豪華ゲストが人力車に乗ってレッドカーペットが行われた。

またその後は、公会堂内にて、オープニングセレモニーとオープニング作品『ぼくのおじさん』出演の大西利空らによる舞台挨拶が行われ、天候が心配されていた中、見事雨を吹き飛ばし、多くの観客に見守られながら無事に幕開けした。

<レッドカーペット登壇者 コメント>

■台東区観光大使
浅香光代:今日は皆さんのお顔を拝見できて、こんな嬉しいことはありません。いい女といい男ばっかり来て、本当に嬉しいです(笑)

海老名香葉子:雨だと思っていましたが、こんな良い天気になりました。これも映画祭を楽しむ皆さんのお祈りだと思います。

林家しん平:私のこの会に2度ほどお世話になっておりますが、皆さま楽しいんでください!

■したコメ応援人
内海桂子:私は浅草生まれなんですよ。この区役所に籍おいてありますからね。浅草で一番最初に演芸場出たのは確か12歳の頃です。いまは95歳ですから。まだ生きてます!よろしくどうぞ

友吉鶴心:この町会に住んでおります琵琶奏者です。今日はよろしくお願いいたします。

ねづっち:初めて参加させて頂いたんですけども、控え室が桂子師匠と浅香先生とご一緒でして、お二人の会話がとても感慨深くてですね。浅香先生が、「私昭和6年生まれです」って言った時に、桂子師匠が「昭和?なんて若いの!?」って驚いておりました。
この会話は一生の売りに焼き付いたかなと思います。今日は、楽しい一日になりますね。

■「リスペクトライブ」
大久保ノブオ:今年もよろしくお願いいたします。普段は3人なんですが、このメンバーが今日本で一番人気な「ゆきまろげ」という舞台の稽古でお休みさせて頂いております。リスペクトライブは3人揃いますので楽しみしていてください!

佐藤蛾次郎:(当時の衣装で登場)第一作からのもので世界に一つしかないですからね。今日は晴れてよかったですね。僕は晴男なのです。だいたいロケでも僕が行けば晴れますから!僕は寅さんのおかげで皆さんに知っていただけましたから、山田洋次監督にはとても感謝しております。寅さんではなく、別の作品のオーディションで、二時間遅れたんですが受かったんです。もっと詳しい話は、トークショー楽しみしていてください。

■「男おばさん!!」
軽部真一:今年は(レッドカーペットが)ロングバージョンなので、皆さん盛り上がってますね。ましてやこの男は去年はポリープの手術で欠席していましたので…。

笠井信輔:こんないい声になりましたよ。(美声を披露) 公開収録もしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

■「したコメ大賞&特殊メイクワークショップ」
西村喜廣監督:(ゴーストバスターズの衣装で登場)今日は午前中に妖怪メイクしたので、子どもたちと一緒に歩くかなと思っていたので、この衣装で来ちゃいました!

百合沙:今回西村さんが監督した「ミートボールマシーン」でヒロインを務めさせていただきました。主演はなんとお隣の田中要次さんです!

田中要次:今回は俳優ではなく、監督としてしたコメに呼んでいただきました。レッドカーペット自体が初めてですので嬉しいです。昔、沖縄国際映画祭に行った時には、誰もいないレッドカーペットを撮影してたら警備員に怒られました(笑)

■『野良スコ』
内山勇士監督:(コタローの着ぐるみと共に登場)

■『箱入り息子の恋』
市井昌秀監督:すごく人力車でシュールな時間を味わいましたね(笑)

石橋穂乃香:すごく楽しいです。暑い中ですが、皆さん楽しんでいってください。

■『THE BLUE HEARTS ショートフィルム』
下山天監督:まず人力車が人生初めての経験で、とても貴重な体験をさせていただきました。浅草は若い頃からたまに来ていたので、凄く綺麗で浅草は素敵な町だなと感じました。

井口昇監督:普段から浅草が大好きで、妻と良くデートしているので、人力車に乗るのが夢だったのですごく嬉しいです。したコメに久々に参戦させて頂いて、「THE BLUE HEARTS ショートフィルム」は本当に入魂してつくりました。山本さんもすごく頑張ってくれたので、ぜひみなさんに楽しんでください!

山本舞香:人力車二回目なんですが、すごく楽しかったです。井口監督もずっとニコニコしていて、楽しそうにしていました。今日は呼んで頂きありがとうございます。

清水崇監督:今までホラー映画ばっかりだったんですけど、今回は今までにない親子映画をつくってみました。人力車は子供の時に家族できて乗った時以来なので、30数年ぶりで、こうゆう場で乗れて嬉しかったです。

工藤伸一監督:天気が心配だったんですけど、ものすごい天気が良くて、人力車乗りながら途中で降りてホッピー飲みに行きたいなと話してました。

■「ぼくのおじさん」
大西利空:皆さんこんにちは。人力車すごく楽しかったんですが、着いた時に緊張してお腹が痛くなっちゃいました(笑)

須藤泰司:(寅さんの大ファンなので)ヒット祈願の為に、蛾次郎さんの半纏に少し触りたいですね!

■「浅草・筑波の喜久次郎〜浅草六区を創った筑波人〜」
田村亮:浅草の情緒ある雰囲気がひしひしと感じまして、これからもたびたび浅草に通おうかなと思いました。

星由里子:私は神田の生まれでして、浅草もしたまち雰囲気があって

水町レイコ:映画祭に参加するのが初めて、レッドカーペットを歩くのは初めてでとても嬉しいです。母が浅草生まれで、力強く良いところだと聞いていたので、

秋吉久美子:浅草の方たちのこうゆう素晴らしい映画祭に呼んで頂きありがとうございます。こんなのでいいでしょうか?(笑)芸能界の評判と違って、私優等生なんです(笑)

■いとうせいこう:
世界で一番お客さんと近いレッドカーペットを楽しんでいただきたいと思います!

人力車:「リスペクトライブ」…佐藤蛾次郎、佐藤利明
人力車:浅草・筑波の喜久次郎」…秋吉久美子、田村亮

<オープニングセレモニー登壇者 コメント>

■台東区長 服部征夫 ご挨拶
オープニングでの当選小学校の子供たちの演奏素晴らしかったですね。
本日は、大御所であります浅香光代さん、海老名香葉子さん、映画『ぼくのおじさん』から大西利空さんなどたくさんの方に豪華ゲストの方にお越し来て頂いております。そうしたゲストの皆さまとゆっくりとお楽しみいただけると同時に、浅草でショッピングやお食事なども楽しんで頂ければと思います。

■台東区議会議長 太田雅久 ご挨拶
待ちに待ちました今年9回目になります。この映画祭は今年7月に世界遺産登録になった上野と浅草を結びまして開催しており、小中学校の子供たちの演奏から区民の皆さまによって盛り上げて頂く映画祭です。皆様大いに楽しんでいただき、盛り上げて頂ければと思います。

■「台東区観光大使」浅香光代
久しぶりに皆さんにお目にかかることができて、嬉しいですね。

■「台東区観光大使」海老名香葉子
浅草はお笑い、そして楽しみの場所でございます。浅草、上野のどちらに行っても楽しみが溢れています。一人でも面白い人を選出して欲しい。そんな思いでございます。浅草にいらして大いに楽しんでくださいませ。そして大いに応援してくださいませ。

■「男おばさん」軽部アナウンサー
今年で、3回目の出演になりました。これでしたコメに3分の1出演していることになります。去年は、笠井が病欠で欠席だったのですが、今年復活しましたので、一言コメントを。

■「男おばさん」笠井アナウンサー
ありがとうございます!隣に小倉さんたちがいないと、こんなに気分が晴れやかなんだなと思いました!(笑)

■「野良スコ」内山勇士監督
僕自身、下町生まれ、下町育ちで、せいこうさんに今年のメインビジュアルを作ってもらえないかとお話を頂きました。したコメの温かさを表現したポスターになったかなと思っています。

■「特殊メイクワークアップ」西村喜廣監督
今日午前中、子どもたちに妖怪メイクをしていました。今年のシネマ歌舞伎の上映作品である「大江戸りびんぐでっど」のゾンビメイク担当していて、明日は浅草ROXの裏でゾンビメイクのワークショップを行います。是非お越しください。

■「したまちコメディ大賞」田中要次監督
普段は俳優の田中要次です。僕はなかなか映画祭に呼ばれることはないんですが、人力車にまで乗せて頂いて、今日ここに来て驚いております。僕の監督作品がコンペティションの審査中にご覧いただけるので、是非見て頂けると嬉しいです。

■「THE BLUE HEARTSショートフィルム」井口昇監督
THE BLUE HEARTSさんの曲にインスパイアされて作った作品です。作品は全部で5本あり、自分の青春を投影して作りました!

■「リスペクトライブ」佐藤蛾次郎
げんちゃんこと蛾次郎です。今年72歳になりました。19日に浅草公会堂で歌いますので、ぜひお越しください。

■「浅草・筑波の喜久次郎〜浅草六区を創った筑波人」星由里子
神田生まれ、神田育ちです。今回映画祭で上映する映画は12月3日に公開になります。まだ公開まで3か月ございますが、お忘れなきよう劇場でも観て頂ければと思います。

■「ぼくのおじさん」大西利空
映画祭は初出演で緊張しているんですが、皆さんと楽しみたいと思います!

■総合プロデューサー・いとうせいこう
回をますごとにパワーアップしております。来てくださった皆さまが気持ち良くなって頂けるよう、サポーターと共に頑張ります!今年も第9回したまちコメディ映画祭in台東始まります。どうぞよろしくお願いします!

レッドカーペット:「男おばさん!!」左から、笠井信輔アナ、軽部真一アナ、いとうせいこう
レッドカーペット:(左から)田中要次、百合沙、西村喜廣監督らといとうせいこう

「第9回したまちコメディ映画祭in台東」

http://www.shitacome.jp/2016/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全20枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP