卓球女子団体銅メダル・石川佳純が母とネイル「ロンドンオリンピック以来のネイルなので、すごく嬉しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロンドンオリンピック以来のネイルなので、すごく嬉しい」と語るリオ5輪卓球女子団体銅メダル・石川佳純選手
画像を拡大して見る

P&Gグループのオリンピック「ママの公式スポンサー」キャンペーンの日本代表アンバサダーで、卓球女子団体銅メダルの石川佳純選手と母の久美さんが、8月17日(水・現地時間)に「P&Gファミリーホーム」を訪問し、オリンピックでの激戦を終えた感想と、期間中石川選手を支えた家族や母親へ感謝の気持ちを語った。

「会場でお母さんの顔を見るとホッとしますし、絶対諦めないって思えるんです」と改めて母親への感謝の気持ちが勝利への原動力となったと語る大舞台を終え、ほっと一息ついた様子の石川選手。

銅メダルを獲得した団体戦について「団体戦のプレーはすごく満足しています。今回のオリンピックは辛いこともありましたが、試合会場でお母さんの顔を見るとホッとして、大きなパワーになりますし、絶対に諦めないって思えるんです」と団体戦の快挙の裏には母親の支えがあったことを明かした。

そんな自分を支えてくれた母親に石川選手は、「母に銅メダルをプレゼントできて、嬉しいです。ちょっとだけ恩返しできたかなと思います」と感謝のコメント。会場で石川選手から銅メダルを首にかけてもらった母の久美さんは「すごく嬉しいです。娘がいろいろな思いで、頑張ったんだなと重みを実感しています」と銅メダル獲得に対する思いを話した。

またこの日訪れた「P&Gファミリーホーム」で母親と一緒にネイルサービスを体験した石川選手は「4年前のロンドンオリンピック以来のネイルなので、すごく嬉しいです。試合が終わったらやりたかったことの一つでした。オリンピックらしい色で塗ってもらったので、良い思い出になりました」とリオでの思い出作りについて喜びの声をあげた。

■石川佳純選手「4年後に向けて、1年、1年努力することが大事」

そしていよいよ4年後に開催される東京2020オリンピックについて、石川選手は「今回の成績には満足していないですし、悔しい思いもあります。4年後に向けて、1年、1年努力することが大事だと思っています。今回も、頑張ればできることはプレーを通じてもわかりましたし、東京オリンピックに向けて頑張りたいと思います」とさらなる活躍を誓った。

■「ママの公式スポンサーキャンペーン」平昌2018オリンピックを経て、東京2020オリンピックへ

P&Gは、オリンピックは選手たちの活躍によって生まれる感動だけでなく、選手とそのご家族とのつながりを強く感じる機会でもあることから、その絆に触れることで、自分の母親や家族の大切さ、感謝の気持ちを改めて気付いてほしいという願いを込めた、「ママの公式スポンサー」をキャンペーンテーマ(海外では「Thank You, Mom」という名称で展開)をロンドン2012オリンピックから定めており、ロンドン2012オリンピック、ソチ2014冬季オリンピックでのキャンペーン展開では、日本のみならず世界中から多くの反響があったという。

P&Gは、国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドスポンサーとして、平昌2018冬季オリンピック、そして次のオリンピックである東京2020においても、「ママの公式スポンサー」として世界中のオリンピック出場選手およびそのお母様を支援していくとのこと。

なお、この世界共通P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンには女子卓球・石川佳純選手の他、男子テニス錦織選手を起用したキャンペーンも展開しているので、気になる方はキャンペーンサイトをチェックしてみよう。

■世界共通P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンサイト

https://www.myrepi.com/olympic2016

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP