黒島結菜×菊池風磨(Sexy Zone)×竹内涼真『時をかける少女』第2話、ある男子生徒の過去の秘密を探しに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

黒島結菜×菊池風磨(Sexy Zone)×竹内涼真『時をかける少女』第2話 (c)日本テレビ
画像を拡大して見る

7月16(土)夜9時から日本テレビ系列で放送されるドラマ『時をかける少女』の第2話を紹介。理科実験室で謎のラベンターの香りを嗅いだ主人公の未羽(黒島結菜)は、時を自在に超える能力=タイムリープ能力を身につけ、やり直したいことがあると過去にタイムトラベルし、未来を変えていくことを無邪気に楽しんでいる姿がコミカルに楽しめた初回であったが、第2回ではどんな時をかけてゆくのか? 是非ご覧いただきたい。

第2話あらすじ

大学受験を控え、なんとなく憂鬱な高校三年生の未羽(黒島結菜)。
幼なじみでクラスメイトの、吾朗(竹内涼真)からの告白をなんとかタイムリープでかわした未羽。
しかし、もう一人の幼なじみでクラスメイトの翔平(菊池風磨)も未羽に、なんとなく淡い恋心を抱くのだった。
実は、翔平、未来から来た人間で、未来には“恋”というものが存在しないため、現代に存在する恋に興味を抱き、未羽に近づいているのだが、そのことに、未羽は気づいていない。

ある男子生徒の過去の秘密を探しに

そんな微妙な三角関係に陥っていた未羽、吾朗、翔平の3人であったが、ある日、学校の屋上で、今にも飛び降りそうな男子生徒・西岡(森永悠希)を見つける。

なんとか飛び降りる直前で、西岡を止めた3人。
なぜ、飛び降りようとしたのか? と問うと、西岡から、ある不思議な話を聞かされるのだった。

西岡は、2年前、心臓の病気を患い、心臓移植手術を受けていた。
しかし、手術をを受けてからというもの、なぜか自分の性格が別人のように変わってしまった部分があるのだと、3人に告白する。
手術前は、高所恐怖症だったにも関わらず、手術後は全然高い所が怖くなくなったという。
さらには、なぜか毎日20時過ぎると、ドキドキと心臓の動悸がするという。

西岡は、移植された心臓にその原因があるのではないか? と考えてはいたようだが、心臓提供者の情報は明かされていないため、なぜ、高いところが好きになったり、20時に動悸がするかという理由については、分からないのだという。

未羽は、いつもの好奇心から、西岡が心臓移植を受ける前の2年間にタイムリープし、心臓提供者を探しにいくのだが…。

意外な人物の関わりに…謎は深まる

未羽は、西岡に心臓提供した人物を探し当てる。
ミホ(高月彩良)という女子高生だということが分かり、その経緯を調べていると、なんと意外な人物が浮上してくる。
それは、未羽の担任教師、矢野(加藤シゲアキ)であった。
矢野の過去が、ミホが亡くなったことと関わっていると知った未羽はある行動をとるのだが…。

黒島結菜×菊池風磨(Sexy Zone)×竹内涼真『時をかける少女』第2話 (C)日本テレビ

今回のキーマン矢野を演じる加藤シゲアキの新作短編小説にも注目

小説家としても活躍するNEWSの加藤シゲアキ。
第2話ではストーリーに深く関わってくるようだが、今回ドラマに出演することで、「時をかける少女」のオマージュとして「14歳の自分に人生のアドバイスをするために、未来から34歳の自分が会いに来る」という短編小説を書いたという。
原作とは違って、ブラックユーモアが効いた作品だというが、こちらも楽しみな内容だ。

エンディングテーマ曲にもNEWSの曲「恋を知らない君へ」が起用されており、NEWSファンなら、是非見て欲しいドラマだ。
ひと夏の究極にせつない恋を歌ったというバラード曲だという。

日本テレビ系列ドラマ『時をかける少女』。

次回第2話は、7月16(土)夜9時から放送。

日本テレビ系列ドラマ『時をかける少女』 公式サイト(http://www.ntv.co.jp/tokikake/)

原田知世が主演の、大林宣彦監督によるあの角川映画の『時をかける少女』も music.jpでは観られます

時をかける少女

映画 邦画 SF ファンタジー

製作年:1983年

いつかどこかで出逢うはずの彼に、会ってしまった。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP