『サワコの朝』女性司会者の先駆者・芳村真理の強さの秘密に阿川が迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『サワコの朝』ゲストは、女性司会者の先駆者、芳村真理。 (C)TBS
画像を拡大して見る

6月25日(土)あさ 7:30からの『サワコの朝』、ゲストは女性司会者の先駆者・芳村真理。

芳村真理は、女性司会者の草分け的存在。
元々モデルだった芳村は、あるきっかけから女優としてドラマに出演することに。生放送だったこともあり極度の緊張状態に陥った芳村だったが、本番では完璧な演技を披露する。そのときにとった秘策を明かす。
その後、24歳のときに初めて司会を務め、『小川宏ショー』などの人気番組で活躍するようになる。
33歳で大抜擢された『夜のヒットスタジオ』で、芳村は煌びやかな最先端衣装をまとい“番組の顔”ともなった。40歳から始めた『料理天国』の総合司会は、17年間という長い年月に及んだが、番組終了をもって芸能界を引退。
80歳になった昨年、久々に歌謡番組の司会を務める。2年前には動脈瘤が見つかるも「新しく生きてみよう」と意欲的に前を向く芳村。モデル、女優、司会者、そして現在は“森林活動家”として多方面に活躍してきた、その強さの秘密に阿川が迫る。

“記憶の中で今もきらめく1曲”は、アルフレッド・アパカの「ラブリー・フラ・ガール」。高校卒業後にモデル仲間と組んだハワイアンバンドで“テーマソング”として使っていたという。当時の思い出を振り返る。

この『サワコの朝』は6月25日(土) あさ7:30〜8:00 、TBS系で放送される。

[芳村真理 プロフィール]

1935年 東京生まれ。高校卒業後、山野美容会館内モデルクラブFMGに所属
1959年 映画やテレビドラマで女優として活躍の傍ら『ザ・ヒットパレード』で司会も
1966年 『小川宏ショー』で司会を務める。以降、女優業を休業し司会者へ転身
1968年 実業家の大伴昭と再婚。『小川宏ショー』降板。『夜のヒットスタジオ』司会
1975年 『料理天国』総合司会
1992年 『料理天国』終了と同時に芸能活動を引退。
1996年 森林育成をテーマにする「MORI MORIネットワーク」立ち上げ
2015年 『第42回歌謡祭』で23年ぶりに司会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP