「火の粉」第4話 雪見(優香)の反撃!梶間家に乗り込んでいきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

“大人の土ドラ”「火の粉」第4話
画像を拡大して見る

第3話で梶間家を出ることになった雪見(優香)です。ぽっかり空いた梶間家の穴にはすかさず、武内(ユースケサンタマリア)が入り込みます。雪見の娘(まどか)に「ママがいなくても全然平気ー」と言わせる武内の魅了は何なのでしょうか? 雪見がこのまま引き下がるワケがないでしょう。注目の第4話は4月23日放送。

雪見(優香)対 武内(ユースケサンタマリア)あなたはどっちにつきますか?

1話から3話まで放送された梶間家の家族の中で、before・afterのような変わり方をした人がいますよね…その人は!? 梶間尋恵(朝加真由美)です。何の前・後かと言いますと、姑の介護をしていた(以前)と、姑が亡くなり武内に貰ったチケットで歌舞伎を観た(以後)です。
何てったって、髪の毛のボリュームと言いますか、セットした髪のセレブ感が違います。姑の介護をしていた時は日陰な感じで、「いいのよー私は」というオーラが漂っていたのに、姑が亡くなり、歌舞伎に目覚めた後は自分の主張を言うようになりましたね。それもほとんど嫁の雪見(優香)に対して、武内を庇い発する言葉です。
「いい加減なこと言わないでよー」「全部偏見よー」動きも声も大きくなった尋恵は武内を信頼仕切っているのでしょう。  

一方梶間家を出た雪見は、パート先の親友佐々木琴音(木南晴夏)のもとに身を寄せます。その琴音も実は武内に好意(ハート)を寄せている人なのです。
今の雪見の味方といえば、武内が容疑をかけられていた殺害事件の被害者遺族である池本亨(佐藤隆太)だけです。池本が雪見に言います、「武内が今犯罪に手を染めているとしたら、その罪でなら裁くことができる」と。
梶間家を取り戻したい雪見と、武内を犯罪者として捕まえたい池本が手を結びます。
そして何か掴んだのか!? 雪見は池本と梶間家に乗り込んでいきます。そこで、どんな展開が起こるのか、第4話が楽しみです。  

楽しみといえば、ところどころに垣間見られるコミカルな演出です。
第3話で、雪見の元彼が書いた本『二年で一億円稼いだ男の秘策』ありそうですな〜と思わず苦笑い。それだけでは収まらず、その本を無職の雪見の夫俊朗(大倉孝二)にさりげなくあげちゃうところとか。ふふ。
第4話では占いを勉強中の謎の女が登場しますよ。
昼ドラから“大人の土ドラ”に移行したフジテレビ<東海テレビ>の遊び心も乙なものです。
第4話は4月23日23時40分から放送します。

オトナの土ドラ「火の粉」 公式サイト(http://tokai-tv.com/hinoko/)

原作書籍はこちら

火の粉

累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年...

試し読み

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP