TEAM NACSリーダー・森崎博之がつなぎと長靴で北海道を飛び回る「どんなに取材をしてもまだネタがある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TEAM NACSリーダー・森崎博之がHBC北海道放送製作の「あぐり王国北海道NEXT」に出演
画像を拡大して見る

大泉洋や安田顕などが所属する演劇ユニット“TEAM NACS”のリーダー・森崎博之がこだわる北海道のローカル番組、HBC北海道放送製作の「あぐり王国北海道」が、「あぐり王国北海道NEXT」として生まれ変わり、2016年4月2日(土)午後5時から放送開始となる。

“農業”をテーマに2008年から放送がスタートした「あぐり王国北海道」にて、森崎は俳優という職業からは一見イメージがかけ離れた“つなぎの作業着と長靴”を履いて、広い北海道の畑や牧草地を飛び回ってきた。自分は他のメンバーとは違って、北海道で活躍を続けると複数のメディアで公言している森崎。自らを“北海道農業の応援団長”と呼び、「これが北海道の農業だよって案内できるような、これまで培ったものを紹介する立ち位置にいたいのです。」と話す。

「番組スタートから、もうすぐ8年になるというのに、どんなに取材をしてもまだネタがある。北海道の農業の奥深さって面白いですよね。」と語る森崎。番組では、340種類以上の農産物を取材してきたというのに、まだまだ紹介するものがあるというから驚きだ。「北海道農業の大きな魅力を毎回つよく体感しています。」との彼の言葉も大袈裟なものではないだろう。

4月からの「あぐり王国北海道NEXT」というタイトルには、北海道の農業を、次の担い手世代につなぐ番組としてパワーアップしたいという思いが込められている。新たにアシスタントを務めるのは、HBC北海道放送の金井憧れアナウンサー。彼女は東京とアメリカで育ち、北海道生活もようやく3年目のいわゆる“都会っ子”ということで、森崎とのギャップにも注目したい。

森崎が北海道の長寿番組にしたいとこだわりを見せる「あぐり王国北海道NEXT」。番組の詳細については、公式サイトを参照されたい。

■あぐり王国北海道NEXT - HBC 北海道放送

http://www.hbc.co.jp/tv/aguri/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP