「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」第2話、今回のゲストは山田真歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

きょうも「ランドリー茅ヶ崎」では凪(松井玲奈)と茅ヶ崎(滝藤賢一)のもとに「訳あり」客が訪れ… (c)2016「ランドリー茅ヶ崎」の会員・MBS
画像を拡大して見る

第2話のゲストには第1話でも登場した東京03の角田晃広に加えて、テレビドラマ「花子とアン」で注目を集めた女優、山田真歩が参戦する。第1話で角田が演じる山田の持ち込んだブルマによってドタバタコメディが展開された。また主演の松井玲奈が垣間見せたドSキャラはネットなどでも注目を集めている。神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎第2話ではどんな騒動が巻き起こされるのか。飯塚健氏の脚本にも注目だ。

どことなく趣のあるランドリー茅ヶ崎。

道路標識ではよく見かけるが、ほとんどの人は多くを知らない街、神奈川県厚木市。そのどこかにあるランドリー茅ヶ崎には、アイロンがけと、洗濯物を畳んでくれる『畳み』と呼ばれている独特なサービスがある。

いつも通りに「畳み」のサービスを行っている南雲凪(松井玲奈)は、山田(東京03の角田晃広)とオーナーの茅ヶ崎(滝藤賢一)から「牛丼の並盛りとライスを一緒に頼む」ことについて突っ込まれる。

その時、ポケットから信じられない物が現れる。なんとそれは注射器だった。
あまりの予想できない事態に絶句する3人。

注射器が現れたことにより、嫌な想像が止まらない。当然ながら、持ち主の石橋栞(山田真歩)を問い詰めようとするが…。

「ランドリー茅ヶ崎」の常連客である山田(角田晃広)と今回の「訳あり客」、石橋栞(山田真歩)。洗濯物のポケットから注射器が出てきて大騒ぎに…。 (C)2016「ランドリー茅ヶ崎」の会員・MBS

今回の話では、山田真歩が新たに登場する。彼女は「将来を想像する事に恐怖を感じる」と言葉を漏らしていた幸薄そうな女性・石橋栞を演じる。

主題歌の松井玲奈とチャラン・ポ・ランタンの「シャボン」とエンディングテーマのcallmeの「Can not change nothing」もツイッターなどでも好評で、今後の動向も気になるところだ。

ドラマ「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」公式サイト(http://www.mbs.jp/chigasaki/)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP