松岡茉優が主演ドラマでモー娘。'16に加入しセンターでダンス披露、リーダー・譜久村の「仲間ですよ!」に歓喜 (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松岡茉優主演「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」に登場するモーニング娘。'16とドラマで加入する松岡茉優(手前中央) (C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会
画像を拡大して見る

4月8日からテレビ東京で始まる、松岡茉優が本人役で登場する新感覚のドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』の撮影で、松岡がモーニング娘。'16に加入し実際にステージでパフォーマンスすることがわかった。今回その撮影前に松岡とモーニング娘。'16による会見が行われた。

このドラマは、漫画家・清野とおるが描くコミック『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(講談社/モーニング連載)を題材に、松岡茉優が本人役として実際の友人でもある伊藤沙莉とともに、“こだわり”を持つ人々=「おこだわり人」を紹介するバラエティー番組のMCを演じる一風変わった設定のフェイク・ドキュメンタリードラマ。あまりこだわりのないキャラクターの松岡が「おこだわり人」を取材・紹介していくことで、心に少しづつ変化が生じ自分自身の「おこだわり」を探していくという。

「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」主演で番組MC役の松岡茉優と友人役の伊藤沙莉 (C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会

今回その物語の中でとあるキッカケで、松岡自身がモーニング娘。'16に加入することになり、実際にステージ上でモー娘。メンバーとしてセンターで「One・Two・Three」の歌とパフォーマンスを披露する。

この日会見に現れた松岡はモー娘。と同じステージ衣装で登場。自身モー娘。のファンと話す松岡は、ステージに立つための練習の中で、モー娘。に会うだけで涙を流す一ファンだった自分が「消えてしまった(笑)」と、監督の松江哲明氏を揶揄しながらも、喜びと不安の様子でダンスレッスンの苦労とステージ・パフォーマンスへの緊張を語った。

途中会見にモー娘。のメンバーが登場すると、松岡は「可愛い〜」とファンらしい一面も覗かせる中、一緒のダンス練習や撮影を経ても「仲間と言うとさすがにおこがましく…」と話す松岡に、モー娘。リーダーの譜久村聖から「仲間ですよ!」と声をかけられ、感激する場面も。

今回、松岡がパフォーマンスで参加する「One・Two・Three」は、松岡自身が尊敬する元メンバーの鞘師里保が初めてリードボーカルを務めた曲。習得するのに苦労したという冒頭のウェーブのダンスをメンバーに褒められ素直に「嬉しい!」と喜ぶ松岡も、鞘師の大切な曲でのセンターパフォーマンスに「失礼の無いように頑張ります」と意気込みを語った。

どうして松岡がモーニング娘。'16に加入して「One・Two・Three」をセンターでパフォーマンスすることになったかについては、後々ドラマの中で明かされるという。

松岡茉優主演のドラマ「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」は、4月よりテレビ東京系で放送開始される。

詳しくは番組ホームページを参照されたい。

■「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」番組HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/okodawari/

次ページ:【松岡茉優・モーニング娘。'16会見全文】>

<<

<

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP