稲垣吾郎MC「ゴロウ・デラックス」に菊池桃子出演、出版した自叙伝よりアイドル時代からの人生を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲垣吾郎MCのブックバラエティ「ゴロウ・デラックス」にゲスト出演する菊池桃子 (c)TBS
画像を拡大して見る

SMAP一番のおしゃべり好き稲垣吾郎がMCを務め、毎回一冊の本について深く紹介するブックバラエティ「ゴロウ・デラックス」。3月17日(木)放送回に、2015年末に自叙伝「午後は陽のあたる場所」を出版した菊池桃子がゲスト出演する。

今回ゲストの菊池桃子は、1983年にアイドル雑誌の表紙を飾って注目を集め、翌年には早くも映画主演、歌手デビューを果たし、1980年代を代表する清純派アイドルとして活躍。その後結婚と出産を経験し、そして大学院進学を経て戸板女子短期大学の客員教授に就任、昨年は「一億層活躍国民会議」の民間議員に選出されるなど、幅広く活動し、2015年末に初の自叙伝となる「午後は陽のあたる場所」を扶桑社より出版した。

今回番組ではスタジオに菊池を迎え、芸能界デビューからの華々しい活躍ぶり、結婚&出産などの家庭生活を経て感じた社会の矛盾、学ぶことの大切さを感じての大学院入学から「一億層活躍国民会議」の民間議員としての活動など、彼女の人生のエピソードが自叙伝を元に語られ、MCの稲垣吾郎とともに深く掘り下げてゆく。

「ゴロウ・デラックス」は3月17日(木)深夜 0:41よりTBSにて放送される。

昨年2015年末に自叙伝を出版した菊池桃子は、アイドル時代から現在まで自身の人生を紹介 (c)TBS

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP