香取慎吾主演『家族ノカタチ』第8話、陽三の衝撃の秘密と突然のプロポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

ようやく恵(水野美紀・右)と暮らす目処がついた、陽三(西田敏行・左)と浩太(高田彪我) (c)TBS
画像を拡大して見る

“結婚しない"ということに強いこだわりを持つ男女と、“結婚させたい"とおせっかいを焼く親達が繰り広げるホームドラマ、香取慎吾、上野樹里主演、日曜劇場『家族ノカタチ』。3月6日放送の第8話は、陽三の衝撃のカミングアウトに大介は…。それぞれが抱えてきた秘密が明らかになる——?!

前回の第7話では、父・陽三(西田敏行)の再婚相手であり、浩太の母親・恵(水野美紀)と会い、結婚詐欺ではないことに安心した大介(香取慎吾)。恵は、看護師になるために専門学校に入るために試験を受ける。そんな、恵を応援して幸せにしてやりたいという陽三の想いが明らかになった。

第8話…人はさまざまな理由で秘密を持つ。親しい人に秘密があると気づいた瞬間、相手は苦しむ。それがたとえ、悪意のない秘密だったとしても…

陽三と浩太の送別会を開く葉菜子(上野樹里・右)、田中莉奈(水原希子・中)、葉菜子の母・律子(風吹ジュン・左) (c)TBS

一刻も早く1人の生活を取り戻したい大介。家を出て行った恵を探すために転がり込んできた陽三たちを、仕方なしに居候を許していた大介だったが、その恵も見つかり、これで同居をする理由がなくなった。そのことを同僚の佐々木(荒川良々)らに話をすると、大介の勤めるペンナ企画開発部の面々から、陽三と浩太の送別会を開こうとの声が上がる。

陽三(西田敏行)から衝撃の告白が…… (c)TBS

一方、葉菜子の母である律子(風吹ジュン)も、そろそろ夫の待つ川上村に戻ることを考えていた。そして、陽三、浩太、律子の送別会が大介のマンションで行われることになったのだが、そこで、陽三が「もうちょっと、ここに居させてもらってもいいかな?」と。そして…「俺な…もうじき死ぬんだわ…」と告白。やはり、陽三は重大な病気だったのか? その言葉を聞いた大介は——。

夫の待つ川上村へ戻ることを考える律子(風吹ジュン) (c)TBS

それぞれの持つさまざまな思いと現実がついに動き出す!!

そんなある日、いつものように行きつけのバーで、1人でビールを楽しんでいた大介。そこへ、葉菜子と、葉菜子の部下である莉奈(水原希子)と葉菜子の元夫・和弥(田中圭)が店にやってきた。突然の来訪者にビックリする大介。
果たして、3人はなんのために大介を訪ねてきたのか?!

これまでの『家族ノカタチ』を、見逃し配信でストーリーのおさらいしよう

過去の離婚が傷となってしまい、苦しみを背負う葉菜子、大介に想いを寄せる莉奈が起こす大胆な行動。そして、今まで隠されていた陽三の抱える重大な事実——。
次回、日曜劇場『家族ノカタチ』第8話は、3月6日日曜日夜9時からTBSにて放送。

ドラマ『家族ノカタチ』公式サイト(http://www.tbs.co.jp/kazokuno_katachi/)

■ellieの歌う主題歌「Unpredictable Story」配信開始

この曲はドラマのエンディングのみならず、劇中の“ここ!”というシーンには必ず流れるシンガーソングライター・山下絵理としても活動する“ellie”の「Unpredictable Story」を含むサントラのアルバム&ハイレゾアルバムの配信がスタート。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP