香取慎吾、名作漫画「ポーの一族」をモチーフに不老不死の“バンパネラ”演じる「久しぶりに本広監督とご一緒できるので嬉しかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマスペシャル「ストレンジャー ~バケモノが事件を暴く~」番組ロゴ (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

SMAP・香取慎吾×本広克行がテレビ朝日で初タッグを組むドラマスペシャル「ストレンジャー 〜バケモノが事件を暴く〜」が、2016年3月27日(日)午後9:00より放送される。萩尾望都の名作漫画「ポーの一族」をモチーフに、歳をとらずに生き続ける不老不死の一族=“バンパネラ”の姿を描く。

今作では、「SmaSTATION!」のMCを14年間務めるも、これまでテレビ朝日のドラマに主演したことのなかった香取慎吾が、人気作『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる本広克行監督とのタッグで、斬新なサスペンスドラマに挑む。モチーフ(原案)となったのは、少女漫画の名作としても知られ、1976年の連載終了後も多くのファンを虜にし続けている萩尾望都の「ポーの一族」。なお、香取と本広監督がタッグを組むのは、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年)以来約4年ぶり、ドラマは『蘇る金狼』(1999年日本テレビ)以来17年ぶりとのこと。

香取が演じる三杉晃(みすぎ・あきら)は、不老不死の肉体を持ち、時代をさまよい続ける“バンパネラ”。一度は自殺を試みるも、真理亜という謎の美少女に命を救われ、その日を境に不老不死として生きてきた。14年前に「20歳になったら迎えに来る」と約束した少女・香織を迎えにやってきたところ、香織は何者かに殺害され…。連続殺人事件の現場に現れたことで、事件を追う刑事に疑惑を抱かれるところから物語は進んでいく。

また、香取演じる三杉を不老不死の身体にした“バンパネラ”一族の末裔・真理亜(まりあ)役には、CM・映画・ドラマなどで活躍し、テレビ朝日のドラマには初出演となるモデル・中条あやみを起用。さらに、段田安則、音尾琢真、小野武彦、益岡徹、萩原聖人といった面々が脇を固める。

時代を超え、永遠に生き続ける“バンパネラ”と連続殺人事件にはどんな関わりがあるのか——世を忍び、孤独に生き続けてきた彼らの苦悩と葛藤、そして彼らが降り立ち共存を試みる現代の世界をミステリアスに、そしてサスペンスフルに紡ぎ上げる。

■香取慎吾(三杉晃 役)コメント

少し前に(映画で)宇宙人の役をやっていましたが、今回は“バンパネラ”ということで、いよいよ人間じゃないことがバレ始めたかな…(笑)

でも久しぶりに本広(克行)監督とご一緒できるので嬉しかったです。久々にお会いして第一声「おー、慎吾。元気?」って声をかけてくれたのですが、最近僕のことを“慎吾”と呼ぶ人も少なくなってきましたので、「あぁ、本当に若い頃から知ってくださっている監督さんなんだな」と感じました。

『ストレンジャー』は不思議な作品なので、監督からは「感情なしで(演じて)」と言われました。感情なく演じるというのは難しい部分もありましたが、撮影しているときに監督が「このドラマ、すごく面白そう!」と言っているのを聞きまして…。撮影中に監督がそんな風に言う作品というのはなかなかないので、なんだか嬉しくなりましたし、僕自身も出来上がりが楽しみでワクワクしています。

中条あやみさんとは初めてお会いしましたが、「生まれて初めて踊ったのが“慎吾ママ”でした」と言われました(笑)「その頃から全然お変わりないですね」と言うので、「バンパネラだからね」と返させていただきましたよ(笑)

テレビ朝日でドラマをやるのも初めてでしたので、撮影が始まって何日か経っても「本当にテレ朝なのかな」とまだ実感がわかず不思議な感じです。

でも、テレ朝でのドラマはとても待ちわびていたこと。それを本広監督と一緒にできるというのは光栄だし、心強いです。本広監督は間違いなく、僕という人間を形成してくれた方のひとりですからね!

■テレビ朝日・船津浩一プロデューサー コメント

香取慎吾さん満を持してのテレビ朝日初主演ドラマをお届けします。香取さんに主演していただくにあたってどんな企画がいいか? どんな役柄が香取さんの魅力を引き出せるか? ドラマや映画、舞台などを拝見していて、周りをも明るくさせる笑顔の狭間に、時折ふっと見せる淋しげな表情…がずっと印象に残っていました。

香取さんにしか出来ない役柄が確実に存在すると思っていました。それもテレビドラマの枠を超えた物語が。『ポーの一族』は萩尾望都氏による、知る人ぞ知る少女漫画の歴史的な名作です。

不老不死“バンパネラ”の一族と、彼らに関わった人々の幾年にもわたる物語。原案として、そのモチーフを使わせていただくことを許可していただいた萩尾先生にはたいへん感謝しております。

監督はエンタテーメントのヒット作を数々生み出してきた本広克行氏。香取さんとの付き合いは長く、今回の作品の演出は本広監督の他には考えられませんでした。ミステリアスなヒロイン・真理亜をいま注目の若手女優・中条あやみさんが演じ、また萩原聖人さんや段田安則さんら実力俳優の皆さんが物語に厚みを加えてくれています。

不老不死であるがために絶対的な孤独と無常を抱えながら生き続ける一族——。演劇界の異才・鈴木勝秀氏によるシナリオは、連続殺人事件の息つく間もないサスペンスな展開と共に「生きていくことの意味とは?」を見る人に問いかけます。かつてないミステリードラマの物語をどうかお楽しみください。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP