第一章完結 5年後に向かって 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第5話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第5話
画像を拡大して見る

有村架純、高良健吾主演、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。2月15日放送の第5話は、ついに、第一章が完結し、それぞれ5年後に向かって急展開。そして、運命の日は訪れる。音と練は再び離れ離れになってしまうのか──。

有村架純、高良健吾主演、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。2月15日放送の第5話は、ついに、第一章が完結し、それぞれ5年後に向かって急展開。そして、運命の日は訪れる。音と練は再び離れ離れになってしまうのか──。

好きで好きでどうしようもないのに…ごめんなさい

不倫相手に別れ話を切り出し相手から暴力を受け、入院していた木穂子のもとに、お見舞いに訪れた練は、真面目に付き合っていくことを木穂子と誓うのであった。一方、練と音は気まずい雰囲気になっていた。心身ともに疲れ果てていた音は、バスの中で倒れてしまう。居合わせた練は、音を職場に送り届けるも何も言わずに立ち去ってしまった。そんな音に優しくする朝陽。2人の距離が近づきつつあったある日、音はバスの中でハプニングにあう。ここにも偶然居合わせた練は音を助け、静恵さんの家でたこ焼きをすることに。そして、練は本当の気持ちを音に告白するのであった──。

第5話…音、練、木穂子、朝陽、小夏、晴太、初めて6人が一堂に介する瞬間、なにかが起きる!

音は、朝陽に誘われ屋上で星を見ることに。朝陽が準備した望遠鏡で星を見る2人。そこで朝陽は、「僕のことを好きになれば、両想いをあげられる」と音に告白する。そして、仕事帰りの音は、バスの中で練と出逢った。練の隣には木穂子の姿が。音は、バスを降り、2人が腕を組み歩いていく姿を切なそうに見送るのであった。

さらに、音の職場である介護施設『春寿の杜』から、雇用契約の更新はしないとのメールが音に届く。一方、小夏が練のことを好きだということを知っている晴太は、練が地元の福島に帰りたくなるようにすればいいと、小夏に助言する。そこで、小夏は、福島の会津で暮らす祖父・健二(田中泯)が転倒してケガをしたことを伝える。練は、健二が買い物など日々の生活に苦労していることを知りショックを受けていた。そんななか、犬の散歩のために静恵の家を訪れていた音は、練と出会い、健二のケガのことを聞かされ──。

お互い好きなのに交錯していく想い。『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第5話は、2月15日、フジテレビ系にて9時から15分拡大スペシャルで放送。

ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/index.html)

■主題歌は手嶌葵「明日への手紙」

明日への手紙(ドラマバージョン)

シングル

フジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」主題歌


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP